ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
まち情報
loading...
サイト内検索
おばちゃん日記

今日はいっぷく亭の当番です。「郡中ひなかざり」の期間は土、日も開けています。お雛様を毛のはたきで、埃を取った後久しぶりに、いっぷく亭のパソコンを開けました。そしてボランティアと入力して、検索してみました。ボランティアとは・・・・「自主的に、無償で社会活動などに参加し、奉仕活動をする人」と書いてありました。このいっぷく亭も当初はお役に立ちたいと集まってくれましたが、8年も経つと「して上げている」と言う風に、そして、8年も無償で奉仕してくれている人に対して「当たり前」と言う風になってないだろうか?とぼんやり考えていますとドドッ~と親子ずれ6人が入って来て、現実に返りました。おひな様を見て「わ~かわいい!!」と写真を撮ったり、クイズを書いたり、チャレンジショップで買い物をしてくれたりと、にぎやかに帰って行きました。この「郡中ひなかざり」を彩る手づくりの様々な作品の素晴らしさや、各所に手分けしておひな様を飾る結束力などは、8年の重みを感じます。これからも、ボランティア精神を忘れずに頑張ろうと思います(谷岡)

写真は元山岡ふとん店の飾り物です。

 

 

2015年3月28日

私の友人とそのお姉さんが松山から郡中雛かざりを見に来てくれました。彼女は私より少し年上ですが、鳥ノ木団地に住まわれていた頃市主催の料理教室で会ったのが始まりです。

30年くらいのお付き合いになります。元ヤマオカに飾られていた十二単の屏風が素晴らしいと褒めて頂きました。特に顔がプロ並みの表情ですねと話されました。

私は早起きして彼女たちに「豆入り」のお土産を作ってあげました。懐かしんで街を歩いて帰られました。いっぷく亭には別の二人の女性も雛飾りをみに来てくれました。やはり沢山の吊るし飾りと十二単屏風に魅せられて素晴らしいと喜んで帰られました。お一人の方は堀江からお見えになったそうです。   (植岡)

2015年3月26日

先日友人から電話がありました。その時「貴女すごいね~

なかなか文章はかけないのに・・・」と「何のこと?」と聞くと

おばちゃん日記を見て褒めてくれたのでした。思った事を書い

ただけですが・・・それよりも、何よりも、「人を褒める」という

その人が「すごいなぁ~」と思いました。

人をけなしたり、悪口を言うのはいとも簡単で、身近に横行し

ていますが、聞くと嫌な気になり、小さなことでも、褒められると

いい気分です。沢山の人をいい気分にさせたいものです。

彼女を見習わなければ、と思いました。(谷岡)

 

2015年3月26日

今年は天候に恵まれ新しい5人のお姫様は少し緊張されていたようですが、着物がよく似合っておりました。いっぷく亭では店を開けてもお客が少なく「いつもと違うね」と4人のスタッフから口をそろえて出ました。他の出店

の方からも「いつもと違う残りそう買いに来て」と声が掛かりました。いっぷく亭のコーヒー200円に対し、コンビニの100円コーヒーや14日の100円商店街の影響かとにかく昨年とは違った売り上げになったと思われます。

一方いっぷく亭内のアレンジフラワーはとても好評でした。毎年同じテーマですが、花の種類も変わり見ていただく方も喜んで頂けることでしょう。

                              (植岡)

2015年3月23日

今年の五色姫復活祭は、好天気にめぐまれよかったですね。

着物でぶらりも、松山から応募してくれて、街をぶらぶら

歩いてくれ華を添えてくれました。「皆さんが写真を撮ってくれ

たり色々親切にしてくれました。」と喜んでいました。

ユッキーズのライブも明るい声で街をにぎやかにしてくれました

五色姫復活祭に携わった皆々さま、お疲れ様でした!!

(谷岡)

2015年3月22日

「遊びに行って来るね~」と実家の母が明るい声で有料老人ホームへ引っ越して行きました。今まで寒い時、暑い時、1か月ぐらい一人で温泉宿へ長期滞在していましたが、数日前に弟から「おふくろが施設に行きたいと、見学に行き気に入ったので・・・」と電話があった時、内心ショックで夜も寝れませんでした。老人ホームと言えば、身寄りのない人とか、家族が面倒みれない人が行く所と思っていましたが、母は冷暖房がいつも効いていて、暑さ寒さを知らず、トイレも部屋の中にあるし、その上世話もしてくれ、毎日快適に暮らせる所として、湯治気分で選んだようです。色んな固定観念に縛られている私には、そう言う考え方もあるんだ~と眼からウロコでした。94才の母の方が、有意義に人生を送っている。母の考え方を見習わなければ・・・・(谷岡)

2015年3月15日

ご無沙汰しています。

今 郡中ひなかざりの最中ですね。

昨年同様 お習字教室は2班に分けて お稽古をしています。

見学者の方々が来られても ゆったりとみていただくためです。

これを機会にこのまま 2班に分けて 月の第1週、3週のグループと

第2週、4週のグループにして 継続していきます。

これなら 新たな入会者が来られても 当面対応できます。

生徒さんの賛同もいただきつつありますので、 どうぞよろしく

お願い致します。(お習字教室 佐々木)

2015年3月14日

この、蝶の舞は1100年以上の前の舞楽の一つです。

ひな飾りは、京都から始まったもので、館も御所風に出来て

ます。いっぷく亭のひな飾りの中に、蝶の舞を模した人形があ

ますが、みなさんご覧になりましたか?それから

縁起物で長寿の意味の翁と媼の人形も・・・・

同じ時期に頂いたと思われる、人形が4つ飾ってあります。

初節句に親戚やご近所の方がお祝いに持って来られた

のでしょうね。その赤ちゃんは今は何才でしょうか??

当番のいっぷく亭で色々思いを馳せながら眺めていました。

今年新たに78年前の館人形が仲間入りしました。

茶色の屋根の館です。大切にしたいものです(谷岡)

2015年3月14日

3月8日の新聞に柳谷地区の「町のこし」について書かれていた。

13年前から桜の植樹をして、「住民が幸せを感じ訪れた人が住みたくなる地域をつくりたい」

と地元の方が言われたと書かれていた。

伊予市も他人事ではない町おこしより「町残し」の方が深刻であると私は感じた。

                                (植岡)

2015年3月13日

「商店街を彩るおひなさま」と題して、「郡中ひなかざり」を

大きく紹介してくれていた。五色姫復活祭を盛り上げるため、

店舗ごとに商品券が当たるクイズがある事、古いおひな様が

ある事など、伝えたい事が載っていて良かった!!

五色姫復活祭の日にちが出ていたら完璧? 写真の小学生の

一人は水口さんのお孫さんです。この新聞を見て見学者が増え

る事を祈っています。(谷岡)

2015年3月 7日

私は、2月一杯体調を崩し、こんなに長引いたのは初めてでした。ひな飾りもみんなに助けられながら、何とか飾り終えました。町おこしの、この行事は、いろんな方たちの協力で成り立っています。人形を倉庫から出したり、のぼりを配ったり、チラシ作成等は組合の男性の皆さんです。人形飾る人は、いっぷく亭の人や一般の飾り隊の方たちです。今年で8年目です。何年も経つと、飾る人もマンネリ化してしまいがちですが。一般の方達の協力隊が、沢山出来ると信じて、気長に頑張りたいです。と言うのも「着物でぶらり」は何年もチラシで募集していましたが、今年初めて3人の申し込みがありました。うれしい事です。女性のお祭りには普段着る事のない着物を来て、お茶席でお茶を飲んだり、街をそぞろ歩きしましょう!!(谷岡)

 

 

2015年3月 5日

先日、民生員の部会研修にて双海にある翠小学校を拝観させていただきました。校長先生のお話によるとすべて校舎は木造で暖房の燃料はペレットを使っているそうです。

学童は全部で15名、2年生から6年生まで複式授業。その中には移住で来られた児童も4名、

それに今時珍しく4Kmの道を歩いて通学している生徒もいるそうです。

自然の中で逞しさも身につけて育ってほしいと思いました。   (植岡)

2015年3月 2日