ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
まち情報
loading...
サイト内検索
おばちゃん日記

いっぷく亭には、木曜日さん?それとも黒田さん?手作り作品が飾られていました。かわいい鬼のぬいぐるみが・・・・2月3日が節分ですね。節分とは季節を4つに分けるとか、特に2月3日は旧暦では大晦日、だから鬼は外~~と悪い気を払い2月4日立春の日旧正月を迎えるのですね。よく2月3日までは、年が明けてないと言われていました。また節分の夜に太巻寿司を丸ごと1本持ち年の恵方に向き願い事を心で念じながら丸かじりする関西発祥の縁起のいい風習もあり、最近この辺りにも浸透し始めていますが、私は恵方巻きは食べた事ありません。(谷岡)

 

2015年1月24日

お鍋の事について話します。私は熱効率の良いという鍋を使い始めて30年くらいになります。新商品が出るたびに機能や材質を知る事がおもしろく店に行くたび立ち止まって観察しています。ガスレンジを止めIHに替えて12年くらいになりますがその時もIH対応鍋に変えて便利かつ光熱費の節約になっています。数年前から出ているシリコン容器も鍋の一つと言えるでしょう。野菜の加熱には特に良いです。野菜のビタミンが逃げないからです。シリコン容器はとても優れものです。(植岡)

2015年1月21日

今日は100円商店街冷たい風の吹く中、店先で

「フランクフルトはいかがですか~~」と呼び込みをしている娘

人と話すのが苦手な娘も主人が入院してからは、積極的に

頑張っています。100円商店街も雨にも負けず風にも負けず

人が少なくても、やり続けることが大切と思うこの頃(谷岡)

2015年1月17日

愛媛新聞の四季録に若松進一さんの事が書かれていた。(1.13)人づくりのために頑張っている人。「いい指導者は、いい後継者を作るのではなく去る事である」と有言実行された。今もなお情熱人間でありブログも毎日欠かさず更新されている。情熱を上回る鬼気迫る信念は「まるで修行僧みたいである」と環境カウンセラ―守谷和久氏の言葉である。今年は是非修行僧の話を聞きたいものである。場所は「来良夢」で。(植岡)

 

2015年1月16日

まだまだ寒い日が続いていますが、久しぶりに実家に顔を見せに行ってきました。行く道すがら、菜の花がアチコチ咲いていました。こんなに寒いのに、菜の花をみると春の気配が感じられます。お正月から風邪を引き、年始の挨拶にも行ってなかったのでやっと、実家に行き母と一緒に行きつけのお店で食事をしてお年玉を渡して帰りました。また主人のお見舞いにも行きました。病室でインフルエンザが出たと言う事で、面会を控えていました。「風邪を引いたと聞いたけど、どんな?」と反対に心配されました。そろそろ退院か転院の時期です。老老介護の時代が静かに迫っています。(谷岡)

2015年1月14日

今年聞いてみたいことがあります。産直の野菜や米などをスーパーの産直コーナーや町屋、いよっこらに品物を卸している生産者の方の意見をやって良かったのか、自分の思ったように事が進んでいるのか、自分の付けた品物の値段でどんな感想をもったか、私は知りたいし買う側の意見も聞いて貰いたいからです。町屋で企画して頂けたらいいな。(植岡)

2015年1月13日

今年もよろしくお願い致します。元旦から雪の舞う寒いスタートとなりました。羊年は、どんな1年になるのでしょう。昨年の暮れに感じた事は、物価が上がっている事を実感しました。ショートケーキ1個530円春菊160円水菜170円この3品の買い物から分かったのですが,他にも沢山あるでしょう。我が家の生活設計は節約から毎年1月に1ケ月の生活費の予算を立てますが、昨年と同じ予算が組めれば良しと思っています。品物を増やさない体重も増やさない事が今年の私の目標です。(植岡)

2015年1月 6日