ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
まち情報
loading...
サイト内検索
おばちゃん日記

冬に咲く薄紫の上品な花、手の平くらいの大きさ 「皇帝ダリア」と呼ばれ 最近ブームになり良く見かけます。我が家のは、背丈が4メートルを越し見上げないといけません。来年は8月に調整して背丈を低くし、枝を沢山増やし花を沢山つけるようにしたいと思っています(植岡)

2012年11月28日

郡中の台所、町家には新鮮な野菜・果物がいっぱいです。 午前中に行かないと、欲しいものは買えない時があります。

先日、みかんの贈答品の売り場に、葉付きのみかんをぶらさげていました。 美味しそうな色鮮やかなオレンジ色が

食欲をそそりました。 (佐々木)

2012年11月25日

義母の着物で巾着を作ろうと、ふっと、思いつき手作り教室の黒田さんにお願いしました。四十九日に間に合いました。義母には姪や孫が沢山います。その人たちに形見分けとして、もらって貰おうと思います。メッセージも添えて袋に入れて完成しました。(谷岡)

2012年11月22日

11月15日(木) 1:30より

いっぷく亭に於いて若松進一さんによる「生きる力」と題しての講座がありました。栃木県に出張し帰ったその日に来て頂きました。ありがたい事です。47名の参加者で、いっぷく亭は満杯です。若松さんの著書「夕日徒然草 空の書」を30冊皆さんに配って頂き、その著書の中から抜粋してお話をされました。実体験からの話なので聞く人の共感を得ていました。笑の中最後に東京では1万円で売れると言う人間牧場で採れた蜂蜜の小瓶を会場の一番の年長者にプレゼントしてくれました。その上著書まで頂き、有難うございました。(水口)

2012年11月16日

老化現象の現れか春から、ヒザの調子が悪くなり、治療を始めた。今まで歩くことを日課としていたその楽しみが無くなった。しかし日常生活が不便になるようでは困ると、ノルディックウォーキングを始めた。まだ3.4回、近所の人に「植岡さん背中が曲がっているよ」と注意された。少しがっかりしたが、足をかばって歩いていたのだろう。歩きすぎないように、ヒザと相談して筋力をつけたいと思っている(植岡)

2012年11月14日

あまり気づかなかった窓の外の様子が、今日 外へ目をやると木の葉の数がぐんと減っていました。大した風でもないのに残された葉が揺れています。もう立冬も過ぎました。色鮮やかだった百日紅やコスモスもその存在感が薄れています。これから厳しい冬が来るのですね。戸外で寒さに耐えている植物に同情したい気持ちです。(大森)

2012年11月13日

今日は、寒い一日でしたが、お客様も多数の方が来て下さり手作り作品も好評で、よかったと思います。オカリナも顔なじみの方が増えてきました。うどん、バザーの係りの人も忙しかった事と思います。お疲れさまでした。(水口)

 

今年も、和気あいあいと、一致団結していっぷく亭まつりに取り組んで頂きありがとうございます。私事で、お手伝いできませんでしたが、来年は頑張りますのでよろしくお願い致します(谷岡)

 

木曜日の、手作り教室(縫い縫いクラブ)の方からうれしい話を聞きました。「ここに来る方がデイサービスに行くより楽しい」と言われる方がいるそうです。その人に教わることが多く、仲間に入ってくれてよかったと・・・いっぷく亭の花が少しづつ咲いていくようで、運営委員としてうれしい事です。(植岡)

2012年11月12日

朝から強い風が吹き時間より前からお客さんが来ているので時間を教える。毎年のことながら・・・  スタンプラリーは昨年より出足が悪かったが何とか100枚出た。ラリーに参加した方々は6か所すべてにスタンプが押され寒い中頑張って頂きました。コーヒーコーナーも沢山のお客さんでにぎわいました。(利用客は170名位でした)店内の作品に菊の花が飾られていました。その見事な出来栄えが好評でした。習字、花、くるみ絵各教室の生徒さんが手伝ってくれて交流の場所としての理解が深まったものと感じました。若松氏が車窓から手を振って応援をしていただきました。ありがとうございました。(植岡)

2012年11月12日

11月10日(土)

第6回いっぷく亭まつりが開催されました。各教室の作品展示、バザーなど いっぷく亭の周辺は 活気づいていました。

強風にさらされて、ちょっぴり寒かったけど、おばちゃんたちは頑張りました。

お疲れ様でした。(佐々木)

2012年11月11日

今週のウイクリーえひめリックにいっぷく亭の谷岡さん、水口さん、竹田さんが載っていました。

いい事 書いてますね。(佐々木)

2012年11月 9日

11月5日(月)の午後にロシアのノボシビルク市の方が6人(子供2人、大人4人)いっぷく亭に立ち寄られました。一行は日本の文化の一つとして手芸作品を見学に来られたようです。お手玉は、日本の昔の遊びであると話しました。日本の花、菊や柿の作品についても説明をすると喜んでくれました。ロシアの方たちは、カチューシャを歌ってくれ、いっぷく亭のメンバー11名は「もみじ」を歌いました。お土産に、お手玉を差し上げました。お手玉は木曜日の方々が作りました。みなさんご協力有難うございました。(植岡)

2012年11月 6日

11月になりました。11月10日はいっぷく亭まつりです。みんなで力を合わせて頑張りましょう。(佐々木)

2012年11月 2日