ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
まち情報
loading...
サイト内検索
おばちゃん日記

水曜日の午前中、いっぷく亭の運営委員さんの西畑さんと徳野さんの手作りおはぎを

ごちそうになりました。

とても、おいしかったです。ありがとう・・・

さて、話は「勧誘電話の断り方」になりました。

ああいえば、こういうで、おばちゃんたちの口にはかなわないでしょう。

「ソーラーシステム」・・・もう取り付けています。

「?????」・・・・ 親戚がしています。今でかけることなんです。

とにかく、きっぱり断ること。

これでは、おれ おれ 詐欺の心配はありませんね。

なんだか、寸劇ができそうな会話術でした。(佐々木)

2010年11月27日

笑いヨガって知ってますか?

これは インドの医師が1995年に5人で始めたものだそうです。簡単に言うと笑いの運動を再現することだけで健康を高めることができるそうです。その動作は 「ホホ」と「ハハハ」の言葉に手拍子を付け体を動かすのです。

 

声に出して 右に「ホホ」 と言って手を叩く 

左に 「ハハハ」と言って手を叩く

 

その動作を、2~3回繰り返すのです。 大きく動作をしながら 作り笑いでもいいですからしてみると 結構肩こりも和らぐように思いました。

 

ホホ~パンパン!!  ハハハ~パンパン!!  

 

伊予市主催 こころと体の健康フォーラムから精神科医枝廣先生の指導でした。(植岡)

2010年11月23日

 

11月19日(金) くもり

 

昨日、県庁経営支援課の仙波さんより、いっぷく亭まつりを県庁ホームページの職員ブログに掲載したとのお手紙を頂きました。

 

13日のいっぷく亭まつりの時、偶然に話しかけられブログに乗せたいと・・・・よいとこ郡中のホームページを見ていっぷく亭まつりがあることを知り来られたようです。おばちゃん日記担当の私もどこかへ取材に行かなくては??

写真は仙波さんが掲載しているのを使いました。         (谷岡)

2010年11月19日

11月17日(水) 晴れ

 

11時半から、いっぷく亭に於いて運営委員さん達20名が集まって、慰労会・反省会を致しました。お天気も良くて手作り販売を、五島さん宅へ移したので、売り上げは昨年より、3倍になりましたが、その分担当した人がてんてこ舞いしたらしく来年はそれを解決するように考えようと言う事でした。

 

バザーのうどんも順調で、味がよかったと評判でした。お年寄りの招待も、送迎するといったので、思いつきやすかったらしいです。だけど身内の人が送迎してくれて、私たちはしませんでした。

 

オカリナ演奏もたくさんの人がいて、演奏しやすかったと思います。NPO法人の稲田さんがお手伝いに来てくれたのですが、

改善点は、市外からも来られていて、分散化した、会場の位置図と案内図があればよかった。まち元気の分科会メンバーに声掛けし、いっぷく亭の活動を見てもらったらよかった。等々FAXを送ってくれました。

 

色々な問題点がありますが、みんなで助け合って、来年はもっといいようにしようと、会食になりました。

 

運営委員の皆さん、テントを張ってくださったり裏方をしてくださった 協同組合の皆さんそして いっぷく亭に来て下さったみなさん 本当にありがとうございました。来年も頑張ります!!(谷岡)

2010年11月17日

いっぷく亭まつりにご招待した高齢者の方々の声・・・

ご招待の皆さんの年齢は平均80歳くらいで、男性1名、女性9名です。

もう伴侶を亡くされて一人暮らしの方も半分くらい、おられます。

「あんなにしていただいて、かまんの。?有難い、楽しかった、」

「また、来年も来たい。商店街を連れ立って散策できてよかった。」

と口々に感謝の声が聞えています。

 まだ、ご招待したい人がいるの。とか・・・

いっぷく亭まつりのあと、連れ立って温泉に出かけた人もいる。

年をとっていくと、色々不安を抱えて、また一人だと寂しさも

増してきて、どうしようもなくなるのでしょう。

そんな時、誰かの何気ない優しい言葉や行動が嬉しくて有難いのです。

いっぷく亭はそんな方々の為に存在しています。

 また行こうや。 あんたも行ってみよう。 と誘い合わせて

一人が一人を・・・とそんな輪が広がっていくことを願っています。

ボランティアの喜びは、相手からいただけるもの。

させていただいてよかった。また頑張ろう。

優しい気持ちになれる自分に出会うため、ボランティアの仲間も

増えたらいいなあ。(佐々木)

2010年11月15日

私は、「いっぷく亭のメインテーマ・・・お年寄りにやさしい街」

ということでご招待した高齢者の方々の接待を

させていただきました。

合計10名あまりの方々に店内でコーヒーを飲みながら

オカリナの演奏などに耳を傾けてていただき、

五島さんとこや、商店街での

お買い物、散策など、お昼にはうどんを

召し上がっていただきました。

たいへん、喜んでいただきました。安堵しました。

さすが、いっぷく亭まつり・・・中高年のお客様の多いこと、

でも、其の中で私のお習字教室の生徒小学生3名が来てくれて、

スタンプラリーに挑戦してくれました。

これも、また嬉しかったですね。

私も一年一年、この街に馴染んできました。

有難うございました。(佐々木)

2010年11月14日

手作り品の販売は、五島さん宅の一角でしました。

よく売れました。お買い上げ頂いた皆様、有難うございました。

2010年11月14日

作品たちのうれしそうなこと。みなさんにご覧頂いて輝いてます。

2010年11月14日

作品展示、力作の数々をご覧下さいね。

2010年11月14日

昨日、灘町商店街界隈で恒例の第4回いっぷく亭まつりが行われた。

この日に向けて、各教室の皆さんは作品つくりや手作り小物などの作成など

頑張ってきました。また、運営委員さんたちは、今週は其の準備で大忙しでした。

何はともあれ、お天気で本当に良かったこと・・・嬉しい・・・

しばし、写真のスライドショーでお楽しみ下さいね。(佐々木)

2010年11月14日

「姉妹」

2010年11月 9日

第4回いっぷく亭まつりに向けて、準備を始めています。館内は、作品展示のみで、コーヒーを飲みながら談話を楽しんでいただきます。手作り販売、フリーマーケットは第2会場(ごしま宅)でします。コーヒーを飲んだ後は、手作り販売会場で、たくさん買ってくださいね。先日運営委員の植岡さんが、伊予市広報を持ってきて、「こう言う人がおられるよ~」と 見ると 創作人形作家の紹介が出ていました。地元にこういう人がいるんだ~初めて知りました。さっそく市の広報課に電話して、紹介していただきましたが、快く作品を展示してくださることに・・お若いのに、昔懐かしい生活風景の作品です。清水美加さんの作品をぜひ見に来てくださいね。

もちろんいっぷく亭の皆さんの作品も力作ぞろいですよ。コーヒーを飲みながら、オカリナ演奏を聴きながら楽しんでください。そして帰りには手作り販売所へ行くのをお忘れなく!(谷岡)

2010年11月 9日

高知大月町まで見に行きましたよ~

見渡すかぎりのコスモスは圧巻でした (谷岡)

2010年11月 6日

今年もテレビや新聞でコスモスの開花が報じられています。

色も白、濃淡の桃色と色々ですが、そよ風に揺られているコスモスを

みると、私もつい体を揺らしたくなります。

以前は伊予市の埋立地にもコスモスが咲き誇り、各地から見に来られました。

私もどこに咲いているのか、たずねられるとつい嬉しくなり、この道を

右だ左だと教えてあげたものです。

私はコスモスを見るといつも”どうして?”と言葉を出してしまいます。

その意味は”どうしてそんなに可憐なの” ”どうしてそんなに純粋なの”・・・と。

答えてくれなくても私はコスモスが大好きなのです。(大森)

2010年11月 6日

10月30日のNHKテレビで無縁社会について放送があった。一般の方、アドバイザー、NPO法人、スタッフ等の参加者がそれぞれの立場で話をされた。最近は、仕事がなくて困っている人が多い、仕事がなくなるとすべて生活設計が変わってくると話す人、両親が亡くなり一人になってしまい、「早く結婚しておけばよかった」と話す女性、親の介護のために仕事をやめざるを得なかった・・・「これからの自分の人生はどうなるのか」と悩みを打ち明ける人さまざまな、原因が重なり気力、体力が弱り気分が落ち込んで、外との交流がなくなり孤立して、どうしていいのか分からない人たちが沢山いる。

そんな人たちにどう手をさしのべるか!! 無援社会に変えないといけない時、助ける社会にしないといけない。しかし手を差し伸べるにしても一人一人ケースによって違いがある。知識の貧困になることが最悪だと私は思った。  そのためには 人とのつながりを持つこと、昔のように隣近所のつき合いが、その一歩となる。私も孤独な人生は送りたくない。おせっかいは必要だと意見がでていた。私も今まで数々のおせっかいをしてきた。私の結論は、おせっかいを続けていくことだ。(植岡)

2010年11月 2日

第6回伊予市市民ふれあいのつどいが、森の市民

体育館で行われました。

私はボランティアとして参加しました。耳、目知的

体的障碍者の人達とペアーを組んでゲームを

玉入れは床の上に箱を置き玉を投げ入れる競技、

車いすスローラムは一人が車いすに乗り、手で動

かす。スタートラインには、2センチくらいの段差が

あり、それを乗り越えるのが一苦労でした。

帰りは、アイマスクをして一人が誘導して二人で

ゴールするゲームでした。

一生懸命頑張りましたよ。私には何不自由ない

生活ができる事、そして健康に感謝感謝です。

総勢3百人余りの参加者、元気な声と笑顔

さわやかな汗を流し楽しい交流会でした

                 (植岡)

2010年11月 1日