ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
まち情報
loading...
サイト内検索
おばちゃん日記

  「いっぷく亭ねぇ~  チョット入っていいですか?」 

「こんな所が、あるなんて いいわね~」

 

といいながら入って来られ 店内を見学されました

 作品の一つ 手提げ袋の椿を見ながら(黒田作)

 

「これは素晴らしい 椿は縁起が悪くないのよ~」

「椿は 武士の好む花で、花がポロリと落ちる事は

 潔いことを 表わすと、有名な工芸家の方に

教えていただいた。」

 

と・・・熱く語ってくれました。

 

押し絵にも興味があるようで 、「いつあるの?」

と質問も ・・・その女性は パワフルで 生きいき

されていて、 女で一つで3人の子供を育てた事も

話して くれました。

「ここは心を癒してくれる気がする・・・」と言って

帰られました。    (植岡)

 

 

 

話を聞いてあげる事が、心を癒すのでしょうね

植岡さんの話し上手、聞き上手がますます

冴えている この頃です ご苦労様です!

( *´∇`)_旦~~お茶どうぞ  (谷岡)

 

2010年6月30日

       sun  6月27日(日) 晴れ

 

 

先日 水口さんに 「梅ドレッシング」の作り方を教えてもらいました。

 

「梅は三毒を絶つ」とか「朝夕食べれば医者要ら

 

ず」と古くから言い伝えがあるほど 効能の豊な

 

梅の実ですが、酸っぱいのは苦手な私 興味が

 

なかったのですが、今年は 水口さんにつられて

 

「梅ドレシング」を作ってみる事にしました。

 

ネットでは「梅サワー」とも言って、水で薄めて

 

ソーダーで割って飲めば 爽やかな味とか

 

水口さんも、おいしいんよ!と力説。

 

丁度、米井食料品店に熟した梅があったので1kg

 

いました。梅は塩漬け砂糖漬け、梅酒、ジャムと

 

色々な食べ方がありますが今回は酢に漬けます。

 

材料 

    梅    1kg(熟したのがいい) 

    氷砂糖 1kg   

    酢    900cc~1000cc  

 

作り方

 

①梅は2~3時間水につけておく(熟している梅は

アク取り入らないとか・・・)

②ざるに上げて水をふき取り ヘタを楊枝でのけ

広口ビンに入れる

③その後に、氷砂糖と酢を順に入れる。

1~3ケ月して梅がシワシワになったら取り出す

 

ジュースにしたり ドレシングに使ったりと 

今年の夏はこれで 夏バテを防ごう!!

                   (谷岡)

2010年6月27日

            6月24日(木) 晴れ

 

昨夜は 第7回 伊予市中心市街地活性化交流会がありました。

 

私は、いっぷく亭運営委員長として、これまでに3回出席したでしょうか?

 

市長・県議・会頭・沢山の来賓の方々がお見えでした。

 

隣接の席には、顔見知りのいっぷく亭アドバイザー

 

前田眞先生、やバツフォ(よいとこ郡中ホームページ制作)の

 

稲田さんが来られていて、話がはずみました。

 

市長さんが来られて「谷岡さん頼むぞなぁ~~」と

 

 

後で、こっそりと 「私は雇われママみたいなもの・・・頼むと言われてもね~」 

 

すると 稲田さんが「谷岡さんはシリアスに考えないから大丈夫ですよ」と・・・

 

んんん???シリアス???

シリアスって・・・まじめ、深刻ですよね・・・・

 

でも・・・さすがですね 私の事をよく見てる!! 

 

前田先生は笑って誤魔化していました。だけど

 

いまだに委員長の肩書きはしっくりこないし

 

いっぷく亭のオバサン達の様に難しい構想も持ち

 

合わせてないし、ゴタゴタもすぐ忘れる・・・・・

 

今、何処の事業に参加しているのかも、

 

はっきり把握してない・・・・

 

まったく 稲田さんの言われるように、

 

このおばちゃんは シリアスでない 

 

スミマセ~ン!! m(__)m

 

そんな私は、総会や交流会に参加して

 

益々太っているのであります。 (谷岡)

、 

2010年6月24日

一昨日、商店街では、第3回目の土曜夜市を迎えた。

お天気でよかったですね。

 松山でも、前倒しで土曜夜市が始まり、こちらの人出は少ないだろうと思われた。

でも、そんな中、いっぷく亭には、この夏一番の人々で賑わった。

無料の作り物が季節にぴったりで人々の心を捉えたのだろうか?

人通りが減った分、いっぷく亭が存在感を増したのだろうか?

その分、この日のボランティアの方々は、大忙しでお疲れの事だろう。

 なにはともあれ、3回ともお天気に恵まれ、無事イベントが終了して

良かったですね。いっぷく亭の存在は、ますます注目されることだろう。

運営委員の一員として、まちづくりのお役に立たせていただいていることや

これからのあり方など意識しながら、このいっぷく亭がもっともっと地元に

ひろがっていくことを願っている。

皆さん、お疲れさまでした。

6月21日(月) 佐々木記

 

 

2010年6月21日

   6月17日(木) 晴れ

 

第1.第3・ 月曜日 1時から木目込み人形教室

があります。先生が、「思い出のはぎれで 人形を

作ってあげると喜こんでくれますよ~」 との事・・・

 

私は、五色姫復活祭の時の、イベントで 毎年

「きものでぶらり」をしていますが神奈川の友人が

その事を知り、大事にしていた 小紋の着物を

送ってくれました。若い時に着ていたそうです。

 

それで、着物を頂いたお礼に 木目込み人形を

思いつきました。友人の着物のはぎれで、作り

送りました。大変よろこんで頂きました。(写真)

 

みなさんも お母さんの着物や自分の

着物で作品を作ってみませんか?

 

 現在は 「お福さん」と言う 人形を製作中です。

「いらっしゃいませ~」と手をついておじきしている

黒い羽織を着た女将さんの人形です。

私の着物のはぎれを使いました。太っていて 

私に似ているかも・・・・

        ( ^)o(^ )  ブヒ~  (谷岡)

2010年6月17日

月曜日の当番の事、 

トイレ掃除をすませ床を雑巾で丁寧に拭き、

ほっとしている所に、一人の男性が・・・私が

「おはようございます」と 声を掛けました。

元郡中小学校の校長をされていた、

春田先生でした。「こんなんが、出来とったなんて

知らなんだな」と 室内をながめられた。

「小学生も社会科の学習で見学にこられますよ」と

話す。その後 数人の訪問がありました。

松前町から来た女性と 双海から来た人は

何十年ぶりかで出会ったようです。

お茶を出し しばらく楽しい話が続いていました。

 

また 2年ぐらい前だったか・・・

リュックを背負った、ヒゲのおじさんが

「トイレを貸してください」と入って来た。 

「松前町に用事で来たが、時間があるので 

郡中を歩いている。」とのことコーヒーを出して 

郡中の感想を聞かせていただいた。

「かつおぶし工場の見学が出来たらよかった」と

話されました。後日 名古屋大学経済学部の

教授である事を、紙上で知った。

商店街のようすを紹介した文を今でも 思い出す。

人との出会いは 宝物だ  (植岡)

2010年6月15日

先週からはじまったふれあい土曜夜市・・・

昨夜、第2回目

いっぷく亭は、このL字型夜市の一角にある。思い思いの浴衣姿で闊歩する若者たち、

商店街に活気が溢れている。

このイベントの3分の1でもいい。普段にこの人通りがあれば・・・とは、イベントに関わる

人々の切なる願い、本心だと思う。同感の極みである。

 さて、いっぷく亭では、ビーズストラップ教室を開催した。

小学生の女の子たちが挑戦してくれた。出来上がって嬉しそうに帰ってゆく親子連れ

を見ていると、こちらも嬉しくなってくる。

 来週、最後の夜市、どうぞお天気で最高の人出を期待している。

また、いっぷく亭ではppバンドで金魚つくり、ストローで海老つくりをします。

ぜひ、ご参加下さいね。

 今回もトイレ利用多数あり。

6月13日(sasaki)

2010年6月13日

6月10日(木)お習字教室にて

最近、お習字教室に新しい仲間が増えています。嬉しいことです。

今日も、見学に来られました。 俳句をしているので、短冊に筆文字を書きたいそうです。

3年前、スタートした当時は、私と大森さんと2名でした。石の上に3年とはこのことでしょうか?

無料で教えていただくのは、申し訳ないといわれる方もあります。

ここは、ボランティアで運営しているので、どの教室も材料費だけでいいのですよ。と

説明しています。

 お習字を習いたいと思っている方は、まだまだいると思います。

頑張って、みなさんのご要望にお応えしていきます。(佐々木)

2010年6月10日

昨夜、今年の夏の最初のイベント「ふれあい土曜夜市」が開催されました。

6月の第1、第2、第3土曜日の3回、伊予市商店街の一区画で催されるこのイベントに

大勢の子どもたちや若者、ご父兄などなど、普段の何十倍の人が集まってきます。

 さて、いっぷく亭では、バランストンボをつくっていただくことになりました。

20体準備しましたが、大変好評で足りなくなるほどでした。

印刷されたトンボを挟みで切って、竹の棒におくだけです。

まずは、丁寧に切ることがポイントです。はさみ使いが上手になりそうです。

親子で挑戦するのも、家族のふれあいです。

 来週はビーズ教室です。でひ、お立ち寄り下さい。

あっつ、そうそう、いっぷく亭のトイレの利用も多かったです。

街中に公衆トイレの必要性を感じました。

(6月6日 佐々木)

2010年6月 6日

sun     6月3日(木) 晴天

 

 

昨日亀岡さんの虫作り教室2回目がありました。

 

池川さん 西畑さんは金魚 水口さんはエビ 

 

谷岡はバッタと思い思いに習いました。 

 

先生としては アレコレ呼ばれて 大変だった

 

事でしょうね~~ もう一度あります。  

 

6月9日で 最後です。みなさん 来てくださいね~

 

      happy01     pisces    pisces   (谷岡)

2010年6月 3日

先日の事。

おばちゃんたちのおしゃべりは、お見舞いの心配りについての話になりました。

ある方が、お友達のお見舞いに行った時、「来て欲しくなかった。こんな姿を

見られたくなかった。」と言われて、ショックを受けたそうだ。

 退院後、元気になったその方から、「あの時はごめんなさいね・・・」とお詫びを

されたそうだが・・・

知り合いや友達や身内が入院した時、お見舞いのタイミングって、大切ですよね。

病状やご家族の心情を慮る必要があると思います。

 周囲に気を使わせないために、自身の入院などを隠される方もおられます。

いっぷく亭のあるおばちゃんは、もし自分の入院が長引いた時は、「海外旅行に

行ってるのよ。」と話してといてと、ご主人にお願しているそうです。 

 なるほど・・・妙案かもしれませんね。

本当に心配して、回復を祈るなら、相手やそのご家族の喜ばれるお見舞いの

仕方や気使いを心がけましょうね。

6月1日(火) 佐々木

 

2010年6月 1日