ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
まち情報
loading...
サイト内検索
おばちゃん日記

    5月26日(水) 19:00~さざなみ館に於いて会合がありました。難しい名前ですが、

この町を なんとか元気にしようと言う会です

 

①  町家の活性化

②  暮らしやすいまちづくり

③  いっぷく亭の再活性化

 

3つに分かれて話し合いをしています。 いっぷく亭活性化については、前田アドバイザーのもと、市の産業課長 防災課長、区長 のみなさんと、いっぷく亭からは 水口、谷岡が参加して,話し合いました。今回で3回目です。いっぷく亭のおばちゃんとしては、お尻に火がついた感じです。

 

思えば 五色姫復活祭にイベントで参加した事がきっかけで、いっぷく亭を お手伝いする事になりましたが、私は 五色浜で五色姫出発式が行なわれてる事すら知りませんでした。パレードが通ったとき、外に出て 拍手をして見送るぐらいで 日曜日の街中は静かでした。 ある事がきっかけで 町内4丁目だけでもお祭気分に盛り上げようと、大阪の友人を招いて イベントをし 

lovely    私達が、楽しみました!! 

 

本当は1回限りのつもりでしたが、そのうちいっぷく亭が設立され、運営委員さん達が手伝ってくれるので 今日まで 続いています。

 

多くの人の協力で成り立っていることが、しみじみ分ります。気負わず 地域に溶け込み 地域のお役に立てればいいかなぁ~と 火がついた、お尻を ナデながら思っています。(谷岡)

 

2010年5月27日

いつも小物を 買ってくださる 洋服センスの良い

 

女性が 「このピエロのブローチ可愛いね」

 

「どれにしようか・・・どっちがいいと思う?」

 

私に相談してきた。すかさず私の好みのシックな

 

紬調の柄を選んだ  彼女はさっそく 上着に

 

つけてかえられた。1時間くらいして、

 

別の女性が 「ピエロのブローチありますか?」

 

と、入ってこられました。

 

「頼まれて買いに来たのよ」と言って

 

2つ買っていただきました。作り手は池川さん

 

これからも 頑張って作ってもらいましょう。

 

ピエロの顔を見ると 私は心が和らぎ

 

笑顔になれるような気がします (植岡)

 

ピエロブローチ(350円)

ビーズバックストラップ(100円)

いちごブローチ(150円)

えんどうまめのストラップ(100円) 

その他色々あります。 

手作り作品です。買いに来てくださいね。

    

2010年5月26日

  麻ヒモで作った、ふくろうの壁掛け

 5個注文がありました。酒井さん作 (200円) 

2010年5月26日

 そら豆独特の匂いもなく あっさりと 

おいしかったですよ 豆も柔らかく そのまま食べれましたが、

余った豆を砂糖で煮ると 皮が硬くなりました。 

味はそら豆でした。(笑)

2010年5月25日

5月24日(月) くもり時々晴れ

 

私は、月曜日午後から

いっぷく亭担当の谷岡です。

午前の植岡さんと交代の時、色々話します。

このおばちゃん日記を見て

 

「主人がね、お前の事が載ってるぞ」 とか

 

「今度は 漬物のこと 書いてるぞ」 と  

 

教えてくれるそうです。嬉しい事です。

 

おばちゃん日記の愛読者第1号かもしれませんね

 

ご主人さま! 有難うございます \(^o^)/

 

「植岡さん漬物アドバイス」

春ダイコンは硬いけど 冬は柔らかくておいしい

キュウリやキャベツも一緒に漬けるとおいしい

 

 そら豆で小さくて実が赤く、お米と一緒に炊くと

赤飯のように赤くなる・・・と言う豆(写真)

 

名前が分りませんでした。 

 

ものしり博士の、植岡さんも、知らないと言う 

だけど早速 町屋の野菜売り場に聞きに行き

知らせに来てくれました。

 

「わかったよ~~ 赤そら豆だってぇ~」

 

「な~んだ そんな簡単な 名前だったの?」

 

思わず 二人で笑いました。でも すっきりしました。

 

  赤そら豆ねぇ・・・

    見たままでしたがね・・・・・」  (^_-)-☆

 

2010年5月24日

西畑さんに 教えてもらった 簡単ダイコン漬け

 

材料   ダイコン 3kg

      砂糖   400g

      塩    100g

      酢    100cc

      焼酎   50cc

 

作り方  

皮を剥いて 計り  適当な大きさに切って

あわせ調味料に漬けて重石をする

それだけです。あっさりとおいしいです 

 

簡単でしょう? やってみてください 

これで頂いたダイコンは全て使いました。 

壺づけでスライスした切れ端のダイコンは 

すじ肉と煮ました。これもおいしかったです

2010年5月21日

       5月21日(金) くもりのち晴れ

 

今日は、ダイコンを10本ほど頂きました。

一瞬「こんなに沢山どうしよう・・・」と思いましたが

以前運営委員の大森さんに 頂いたダイコンの壺

漬け風が、おいしかったので、レシピを貰っている

のを思い出しさっそく レシピを

見ながら頑張りました。

ダイコン2キロ 小さいダイコン6本です。

それをいちょう切りにスライスしましたが、

2キロ、イヤになるほどスライスしました。

それに時間が掛かっただけで、味付けして

すぐに出来上がりました。

カリカリとおいしかったです

みなさんも 作ってみてください

ビールのつまみにもいいですよ!!

 

いっぷく亭は お料理の得意な植岡さんや

漬物の得意な西畑さんもいます。

簡単にできる 朝漬け風なかんじの

ダイコンの漬物もおいしいですよ

いろんな人の レシピを聞いて、また書きますね

                     (谷岡)

                

材料                    

ダイコン   2キロ         

しょうが   2~3かけ         

しょうゆ   1.5カップ

酢      1カップ

砂糖     400g

梅干     3~4ケ

からし    適当

 

作り方

①  大根を3mmの厚さのイチョウ切りにし 

         塩を振って しばらく置いておく

②  あわせた調味料を沸かし、その中へ 

    しぼった大根をいれ5~6分煮る

③  大根のみ取り出し 残りの汁が 

    半分になるくらい煮詰める

    煮詰まったら火を消す

④  煮詰まった汁の中へ大根を

    再び入れる さめたら 取り出す

    

  

 

2010年5月21日

金曜日の当番 みんなで ワイワイとおしゃべり

 

「子供の頃、母が作った柏餅がおいしかった

思い出がある」 と朝馬さんと隅田さんにはなす。

「昔は、羽釜で沢山作ったね」

「マキをくべると煙くて目にしみたね」

次々と子供の頃の話が出た。隅田さんが

兄弟が多かったので、おはぎを作ると次々と

手が出て二階で勉強をしていた弟さんは、

おはぎにありつけずお皿に、ごはんとあんを

乗せて持っていったのよ~」

と話してくれ 3人はお腹をかかえて笑いました。

子供の頃の味は 幾つになっても、頭の隅に

残っている人も多い事でしょう。

近々、自分で柏餅を作ってみようと思います。

 

そら豆や。グリンピースの季節にもなりましたね 

ヒスイ色の豆料理何を作ろうかな???

ちょっとしたことを 話した事で、

季節も充分味わう事が出来ました。(植岡)

2010年5月18日

 昨日のフラワーアレジメント教室では、

カーネーションで可愛い犬が出来上がりました。

ほら、あなたにとびかかってきそうでしょう。

あちらこちらを走まわるわんちゃんを想像してしまいます。

黒い目はボタンと細ーいはりがねでし。

ちゃめけたっぷりに変身したお花、

いろいろにアレンジメントして、生活に潤いを

与えてくれます。

毎月第2金曜日の午前10時からしています。

材料代のみで参加できます。要予約です。

ぜひ、一度お立ち寄り下さい。(sasaki)

2010年5月15日

 5月14日(金) 晴れ

 

 

シーンと静かな教室の中に墨のかすかな香り

木曜日の午前はお習字の日です。

でもそんなかた苦しい雰囲気ではありません。

皆さんそれぞれ好きな方法で楽しんでおられます。

冠婚葬祭の折のふ封書の表書きや自分の名前、また、筆やペンに

なれるための基本的な手慣らしなど、先生ご指導の下に頑張って

おられます。

 

 この最近は筆やペンを持つ機会が少なくなりつつあります。

手書きという温かさはいうまでもありません。大切にしたいですね。

 練習の途中で話題が政治経済から今晩の夕食の献立になったりします。

 

今のところお忙しくて休んでいらっしゃる方も含め、メンバーさんは

10名あまりです。

とにかくこの日を楽しみにして皆さん参加されています。

ぜひともこの教室をのぞいてください。

  一同 心よりお待ちしております。(大森)

2010年5月14日

-

ストロー1本で エビが出来上がりましたよ!!

 

オレンジと グリーンのエビは 先生が作ったものです!!

 

ストラップにしてもいいですよね~~

 

編み方は 次回来て 習ってくださいね   

2010年5月12日

5月12日(水)  晴れ

 

今日は 10時から 亀岡春男さんを迎えて

 

いっぷく亭で ストローを使ってエビを作りました。

 

荷造りのヒモで虫を作るにも このストローでエビ

 

を作るのが基本だそうです。線の入ったジャバラ

 

のついたストローを用意し 1本のストローを

 

3つに切り開き 一つを軸に編みます 

 

編み方を 覚えるのに、ストロー4本使いました。

 

あっと 言う間に 12時です。

 

30分ほどで出来ると 言ってましたが、

 

なかなか 編み方を覚えるのに一苦労でした

 

編み終わると ひげや手足を細く切って 

 

出来上がりです!! 、参加者は4名でした。

 

5月26日(水)は 虫に挑戦です!!  

 

みなさん一緒に作りませんか? (谷岡)

2010年5月12日

      sun 5月8日(土)  晴れ

 

                

爽やかな 気持ちのいい天気です

木曜日の手作り教室、手も口も忙しそうです。

黒田さんが 話しかけてきました。

 

「谷岡さん 土曜夜市はなんぞするん?」

 

「いいエ~今のところなにも・・・」

 

「きのうお祭があったんよ~荷造りのヒモで虫を作っとったよ~」

 

「あの人 来てもろたらエエのに・・・」

 

「その人 誰と言う人なん?」

 

「ちょっと ちょっと あの人だれぞな~」

 

あっという間に名前が分り 

電話番号も書いて渡されました。

帰ってその人に電話し色々話している内に、

主人の同級生だとわかり、10分後には 

虫やエビを持って 我家をたずねてくれました。

 

「わぁ~すごい! リアルゥ~~」 

「荷造りのヒモでこんなのができるんだぁ~~」

 

もちろん土曜夜市に来てくれることに・・・・

 

情報飛び交う、いっぷく亭 人探しも早い 早い!

あっと言う間に 色んな事が決定しました。

 

土曜夜市に先立ち 5月12日(水)

10:00~ いっぷく亭で 亀岡講師が来て 

PPバンドで虫つくりの講習があります

みなさん いっぷく亭に来てくださいね      

 

いっぷく亭は土曜夜市で 親子工作をします!!

時間 18:00~20:00   場所 いっぷく亭

6月5日(土)  バンランストンボづくり  無料

6月12日(土) ビーズストラップ(材料費300円)

6月19日(土) ストローでエビつくり  無料

 

いろんな工作を 親子で楽しみませんか?

                     (谷岡)

2010年5月 8日

連休も終わりました。

今日は久しぶりのいっぷく亭のお習字教室です。

生徒さんのご要望にお応えてして、

かな、漢字、ペン、表書きなどなど

指導させていただいています。

 現在、ペン・ボールペン、ハガキ、封書、表書きなど

おしゃべりしながら、楽しく上達をめざして、頑張っています。

どれを学んでいただいても、何事も基本が大切です。

文字は一本の線から、始まります。

とめ、はらい、はねなどの組み合わせで文字が

出来上がります。

 そして、文字には形があり、長さや左右のバランスなど

きまりごとがあります。くせ字の方も、大丈夫です。

継続は力なり。 とにかく続けて下さい。

ボケ防止にもなりますよ。 字は一生の宝物です。

パソコンよりも、心のこもった手書きの文字に

挑戦してみませんか。(指導者、佐々木)

2010年5月 6日

 

火曜日の人たちが黙々と手を動かしている。

「こんにちは~」 と声を掛けていっぷく亭に入る

 

義理の妹から和服の古いのをもらったが

いらないと言う

「姉さん貰ってなんとかしてよ」と

 

くるみ絵の方々に使ってもらおうと たずねた。

まず 隅田さんに見せた

 「きれいな 紫色だね」  

隣の方が 「この布は何と言うの?」

西島さんが 「りんずの地模様ね」

「私は身幅が狭いように思うけど・・」 と言うと

西島さんが「並寸よ」 と教えてくれた

「だけど私の太い足は片足がやっとだわ」 

室内大爆笑。

昔の人はスリムだと予想はつくが

食生活や日常生活の今との違いはとても想像がつかない

古い着物からこんな文になりました。(植岡)

2010年5月 3日

sun5月1日(土) 晴れsun

 

 

4月から木曜日の手作り教室に通っています。

ひな飾りの時に使う、「つるし雛」を作るためです

来年の事を言うと 鬼が笑うといいますが・・・

忙しい私は一度に出来ないので、

今から はじめようと思いつきました。

まず 習ったのが、這う子(ほうこ)です。

子供が這っている格好ですが、

すこやかな成長を願って 飾るらしいです。

 

センチ四角の布の4隅の2辺を細かく縫います

それが 手足の格好になります。 

綿を入れて膨らませます。帯を縫って 結んだり 

顔は 髪の毛や目口を縫うのが難しい

それを 体にくっつけて 出来上がりです。

 

1ケ月かかって 10体出来上がりました。

なかなか先生や先輩たちのように

上手に綺麗に仕上がりません 娘に見せたら

「性格どおり 大ざっぱだね~」と笑われました

「まぁ~近くで、じっくり見なければ、

なんとなく這う子ですよね~」

 次のつるすものは、蝶々を習います。

 

木曜日の 午後からの手作り教室に 

時々お魚屋さんが売りに来ます。

教室の人が、知り合いに頼んだのだと思いますが

主婦らしい発想ですよね、買いに行く手間が省けます。私も買いました (谷岡)

        fish  fish fish  fish

 

 

2010年5月 1日