ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
まち情報
loading...
サイト内検索
おばちゃん日記

今日は祭日。いっぷく亭も休日です。

3月の雛飾りの後、つつましやかにいっぷく亭に

飾られた5月人形。

 

 五月五日の端午の節句に「鯉の吹流し」を立て、「武者人形(五月人形)」を 飾って男の子の前途を祝うようになったのは、徳川時代からです。
五月五日の節句は、五と五を重ねる事から「重五」、菖蒲を用いる事から 「菖蒲の節句」などと呼ばれています。「五」と「午」が相通ずることか ら、初節句を「端午」「端五」(端ははじめの意)と書きました。

とネットを検索すると教えてくれました。

 

連休中はいっぷく亭もお休みですが、

 

お天気も連休日和となったらいいですね。

 

また、「ちょっとおよりんか。」のメッセージを発信していきましょう。

(sasaki)


 

2010年4月29日

 4月26日(火) 雨  rain

  

   水曜日担当の 池川洋子さん

小学生の仲良しグループ「一八会」の間では

組長と呼ばれています。口を開くと、機関銃の

ように ダダダダダ~~としゃべり早口言葉の

ようで、よ~く 耳を澄まさないと 

coldsweats01    聞き逃してしまいます。

 

そんな 彼女ですが、いっぷく亭に来ると一番に 

トイレ掃除をします。欠かした事はありません

 

いっぷく亭まつりの時には、小物販売の会計を

頼みましたが、本領発揮で ピタリと合います!

 几帳面さは 抜群!! 

 

年は、いっぷく亭のひな飾りを担当

してもらいましたが

「ボヤボヤせんと、あんたらも せんかね~」

 

組長の名のごとく 采配していました。

自分の担当の処は、人の言う事には 

一切耳をかさず、仕上げましたが,

 

芸術的に仕上がり とても好評でした

 tv   テレビ・新聞にも のりました

 

  第3 水曜日の、10:00~12:00

 cherry   絵手紙愛好会も始めました。

 

おしゃべりしながら 楽しんでみませんか?

                   (谷岡)

 

 

 

 

2010年4月27日

 

毎週火曜日の午前と午後に隅田先生のご指導で,行われているくるみ絵教室。

生徒さんは、50代から80代までの女性たちである。

毎週15名くらいは集ってきて、中にはお弁当もちで,楽しみに通っておられる。

作品つくりは、レベルアップしてきて、最近では生徒さんから、「こんなのつくりたーい。」と

要望が出るそうだ。

 また、強い風雨の日、「こんな日は、誰もこないだろうな。」と想っていたら、誰一

人休むことなく教室に来てそうだ。

「うれしかっだですよ。皆さんが一所懸命だから、私も元気をもらって、やりがいが

ありますよ。」と隅田先生。

 それでは、素敵な作品をご覧下さい。

手作りの作品は、周りの方にプレゼントして、とてもよろこばれているそうです。

ちなみに私も頂きましたよ。(sasaki)

2010年4月22日

 

いっぷく亭名物おばさんの、植岡由美子さん

一番最初に会った時、彼女の口から八分音符や

三連音符がタ・タ・タ・と軽やかに流れ出て 

いるのが見えました。♪ ♪ ♪ ????

 

しかも休符は十八分休符かな?? 

なかなか途切れないので 話に入れない 

 

表で掲示板などを 見ている人が居ると 

「どうぞ、どうぞ、中へ入って 見て下さい」

「お茶を ど~ぞ~ 何処から来られましたか?」

cafe  勧誘するのが得意です。

 

また 物知り博士で、 

路地の奥のことまで知っている。

 それにアイデアも満載で「次の五色姫復活祭

ではタスキをして市外から来る人の

 happy01 案内役をしようか?」と言ってました。

 

  彼女の当番は月曜日の10:00~

        12:30までです。

話しに挑戦してみませんか???  (谷岡)

2010年4月19日

4月16日(金)雨 rain

 

 昨夜 いっぷく亭で 

 ホ-ム・ページの更新の仕方を 

勉強しました。

 

今までは、原稿をコピーしただけなので

文字の大きさを変えたりいろいろ自由に

書いて見てくださいね」と 指導の方が

言われたので 復習しています。

理事長には

 

「谷岡さんの文章の書き方には 

驚愕したがなぁ~」shock

 

「文章が余りにも 

おかしい所があったから 直しといたけん」

 

「 ありがとうございま~す」

 

随筆家でもない おばちゃんは

何を言われても

カエルの顔に・・・ですconfident 

 

 

このブログは 公式のものから

 ふざけて書かないように」 

 

理事長より さっそく 

電話が掛かってくるでしょうね 

 

 

運営委員のみなさ~ん!

 

 私でもパソコンいじりが出来ます。

「おばちゃん日記」に

どんどん参加してくださいね

 (谷岡)

2010年4月16日

 今晩、いっぷく亭で「よいこと郡中」のHP講習会がありました。

「後にも先にも、これ一回きりですよ。」とご案内を頂いて、参加しました。

午後7時から9時30分まで、熱心なご指導を頂いて、参加者全員真剣に、担当ページの更新の仕方や新規作成など、しっかり頭に叩き込み, 自分でできるように頑張っているところです。

  このいっぷく亭のおかげでいろんな人たちとご縁ができて,郡中の街がとても好きになりました。

 こちらに来て5年を迎えますが、益々活動の幅が広がり,少しでもお役に立つことが出来て嬉しく思っています。

私もシルバー世代の予備軍、これからもいっぷく亭で元気に楽しく年を重ねていきたいなあ・・・

そして、いっぷく亭を一人でも多くの方に知っていただいて,ボランティアの仲間を増やしていけたらいいなあと考えています。

(sasaki )

2010年4月15日

昨年おばちゃんたちが集まって井戸端会議のとき「唐川のビワ茶は体にも言いし、いっぷく亭で出したらいいのにね~」とわいわいしゃべっていましたが今年の五色姫復活祭の時に、運営委員さんの一人が、持っているビワ茶を寄付してくれ、無料で出したそうですが、高評だったらしいです。

 いっぷく亭の母体である、商業協同組合の理事長さんが、その話を聞き地場産業振興のためにも・・と、今年度から、提供してくれる事になりました。

井戸端会議もお役に立つ??

ビワの葉の効果・効能、予防をインターネットで調べてみましたが驚きです。ビワの葉に含まれているアミグダリンが体内で分解されこれがガン細胞を攻撃する・・・ガン予防になるらしい。他にも疲労回復・ゼンソク・アトピー性皮膚炎の予防・夏バテ・食中毒の予防・美肌効果等々・・・・こんなに、色々な物に効果があるの?

<作り方>

1ℓに対してビワ葉茶約35gを入れて沸騰したら更に45分煎じます。
ビワ茶は、漢方だから、気長に飲み続けて、今年も元気で、頑張りましょう!! 

(谷岡記)

2010年4月12日

46日(火) 晴れ

3日朝馬、竹本、門田さん私の4人で座敷びな日帰り旅行に行きました。大洲市の富士山で桜をながめながらの昼食おいしかったです。車窓からも満開の桜を充分たのしみました。

真穴小網代地区は小さな集落ですがこの日ばかりは沢山の観光客でにぎわいます。私たちも矢印の方向に向って歩きみごとな座敷びなを見て「きれいだね」と感激、今年のお宅には富士山を逆さ富士にする手の入れようでした。お祝いの鯛も7kgくらいあるりっぱな姿、伊勢エビ、ひしもち海の幸、山の幸が沢山そなえられていました。この集落の方々の行事を続けていく心意気に拍手。いっぷく亭のボランティアにかかわり旅行に行くことになるとは予想もつきませんでした。元気な先輩たちと記念になる1日でした (植ちゃん)

2010年4月 6日

4月4日(日) 晴れ
いっぷく亭当初から運営委員としてお手伝いしてくれている朝馬キミ子さんと西島良子さん。朝馬さんはチャレンジショップにビーズバックのストラップ(100円)を出しています。好評でいつの間にか、売れています。400個以上作ったでしょうか?
そして、いっぷく亭の中で一番のお姉さんの西島さんは、最近体の都合で運営委員から外れていますが、12年前息子さんの転勤で坂出から引っ越してこられました。体が弱いので、条件が病院が近くにある事乗り物も近く、買い物も近くで出来る所と探した結果、この灘町だったそうです。
「ここは、ものすごく環境がいいのでね~~。 しかも隣にいっぷく亭があるし」
「いっぷく亭のおかげで、お友達も出来たし、1日楽しく過ごせて生きがいがある」
「一生ここに 居りたい!!」
とにこやかに話していました。
火曜日の「くるみ絵教室」で沢山の作品を習い100枚近く仕上がったそうですがみなさんに差し上げているそうです。いっぷく亭で待ち合わせて、双海砥部から西島さんのお友達が遊びに来るそうです。誰もが気軽に立ち寄り、楽しく過ごしていただく街の交流拠点になりつつあるいっぷく亭です。 (谷岡記)
 

2010年4月 4日

今日、いっぷく亭で慰労・反省会があって各曜日の運営委員さん16名が出席してくださいました。しゃべる人は、言われなくても一番に、しかも多弁ですね。とにもかくにも、お天気に恵まれ、何事もうまく運んだようです。
いっぷく亭の中は、狭いので、来年からは、販売を別の場所をかりてしたらどうか?
五色姫復活祭当日のいっぷく亭の集客人数は約150名だそうだ。
混雑していて、お雛飾りがよく見えなかった。とか、せっかく遠くからお友達に宣伝して見てもらいたかったのに、それは残念でした。人が人を呼ぶ・・・そんなお祭りに育ちつつあります。「着物でぶらり」に感化されて、この日に着物を着ておしゃれを楽しんでくれるご婦人も増えているようです。 

有難いです。

人生経験豊富な女性たちの集まりは、時にはバトルもあるかもしれないが、それもいっぷく亭ならではの光景・・・いうべきことは、はっきり話して、おばちゃんたちの絆を深めていきましょうよ。
 

2010年4月 1日