ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホームお知らせ > 仲田蓼村の研究 『商人の暮らしを伝える!』
お知らせ
2021年3月 9日
仲田蓼村の研究 『商人の暮らしを伝える!』

この度、『郡中灘町 辻屋  仲田 天保十一年・弘化四年 日記』が発刊されました。タイトルは日記となっていますが、その内容は、毎日の記録ではなく、郡中灘町の商家、辻屋・仲田和助家(俳号蓼村)にとって大切な事柄を書き留めた備忘録です。発刊冊子は、両日記の初めての全文解読書で監修は、内子町文化財保護審議委員芳我明彦氏によります。A4版・280頁で辻屋の正月の準備品、経済活動、差上銀、家財、寺社への寄進、味噌、漬物他の原材料名と分量などが記載されています。また、仲田蓼村と共に郡中町人文化を形成した、教育者・陶 惟偵(すえ いてい)、郡中十錦を創始した小谷屋友九郎の名前も見られます。江戸時代後期の庶民の歴史研究の資料としてご活用ください。

当冊子をご希望の方はお1人様1冊限りでプレゼントします。下記をご覧ください。

仲田蓼村関係冊子 プレゼント.pdf

写真は、仲田蓼村史料と磁器の華・郡中十錦

寄稿:伊予郡中の俳人 仲田蓼村を学びあう会