ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホームお知らせ > 郡中を学びあう! 灘町天神社の変遷と時代背景
お知らせ
2019年7月 3日
郡中を学びあう! 灘町天神社の変遷と時代背景

宝永6年(1709年)~明治41年(1908年)までの200年間、灘町まちなかに鎮座していた地区の守護神天神社(天満宮)。神社合祀の勅令を受けて、明治42年、五色浜の地に遷し住吉神社と合祀して五色浜神社と改称しています。明治初頭の神仏分離令や神社合祀の勅令は明治政府の失政だったと思われますが、ともあれ五色浜神社の成り立ちを記憶にとどめていただけたらと考え、灘町天神社の変遷と時代背景について概要をまとめてみました。

「灘町天神社の変遷と時代背景」は資料の図や写真を含む全11ページ、黒1色印刷の小冊子で、手づくり交流市場「町家」案内所と郡中いっぷく亭、郡中まち元気サロン来良夢で無料配布中(限定全50部)です。

関心のある方は、下記をクリックしてください。

天神社の変遷 時代背景2.pdf

写真は五色浜神社拝殿の社号額「天神社」「五色濱神社」

お問い合わせ先 ㈱まちづくり郡中内 2117郡中三百年祭の会(℡089-946-7245)