ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホームお知らせ > 2018年1月アーカイブ

2018年1月アーカイブ

2018年1月29日

郡中に生まれた文化といえば、江戸時代後期から明治初期に、小谷屋友九郎により、中国の十錦手を模して制作された郡中十錦、そして、昭和初期まで制作された江山焼を思い浮かべます。

江山焼を創始した槇江山は、明治中期の頃から昭和初期にかけて活躍した、郡中湊町の名陶芸家で、作品は、茶器、花器、人形等が多く、作風は楽焼に似て素朴・風雅な趣があります。磁気では味わえない土の温かさがあり特に陶人形作品に醍醐味があるといわれています。江山は、東郷平八郎、秋山好古(あきやまよしふる)、旧松山藩主久松勝成(ひさまつかつしげ)、高浜虚子(たかはまきょし)、河東碧梧桐(かわひがしへきごどう)、下村為山(しもむらいざん)など著名人との交流も多く、作品は、皇族もお買上げになるなど名声を高めます。明治42年、伊藤博文郡中来町の際に彩浜館の庭先でお庭焼をし、これにより江山の名声は更に広まりました。伊藤博文染筆江山焼抹茶茶碗と大師堂の金剛力士像は、伊予市指定文化財になっています。

江山は、数々の作品を残し、1936(昭和11)年に亡くなっています。しかし、明治も大正も昭和前期もすでに遠くになり、槇江山の詳しい足跡は分かっていない部分があります。江山の地元、郡中に住む私たちにとって、知っておきたいことは、「江山焼は、いつころ、どこで、はじまったか?」という江山焼物語の土台の部分でした。

一般的には、江山は明治中期の頃に郡中湊町の殿町で江山焼を創始したとされています。一方、昭和58年、湊町の岡井次雄氏は、伊予市歴史文化の会の冊子に、旧大洲街道に面した、湊町の西岡義雄氏宅の南隣にあった江山宅で、江山焼を制作していたと記しています。また、江山の子孫の方によると、江山は、妻、鶴代と長男登を連れて、郡中湊町で旅籠を営んでいたとされる槇家を継いでいます。槇江山の次男、槇 辰一は、明治26年の生まれで、その時には江山は槇家を継いでいたとのことです。江山が、槇家を継いだ年代は明治26年頃で確定できると思われます。

江山焼の創始地ですが、湊町の殿町は、旧大洲街道から約50m離れた小さな道路に面しており、江山の子孫の方が言われる旅籠の商いには不向きな場所です。故岡井次雄氏が発表された、江山の自宅が、現在の湊町の西岡義雄氏宅の南隣にあったか?の検証が必要になります。地租改正に伴い明治9年に作成されて段別畝順帳を閲覧しますと、岡井氏により江山の自宅とされる場所、湊町75番の土地所有者は槙 彌三衛、その南隣の土地の所有者は真木藤次郎の名が記されています。江山は、「明治9年には、槙 彌三衛という人がいた槙家」を継いだと思われます。

槙 彌三衛と真木藤次郎の関係は不明ですが、両家は地続きであり一族かもしれません。いずれの土地も現在は、仲田氏宅になっています。そして、明治31年には、仲田百太郎はこの場所で酒造業を創業しています。このように見ていきますと、故岡井次雄氏の発表のとおり、江山は、旧大洲街道に面した、現在の湊町の西岡義雄氏宅の南隣、仲田氏宅の北側部分にあった自宅で江山焼を制作し、その時期は明治26年頃と確定しても良いかと思われます。湊町の殿町ではなく、ここが江山焼の創始地になります。また、江山が湊町の殿町に転居したのは、明治30年もしくは31年だろうとおもわれます。 江山が著名になった時期の江山窯があった殿町が、そのまま江山焼の創始地と伝えられたようです。

なお、槇家は、伊予市上吾川に所在する称名寺の檀家で、墓は湊町の増福寺にあります。増福寺には萬安港築港の功労者岡文四郎の墓もあります。

この記載に関するお問合せは、株式会社まちづくり郡中 ☎089-946-7245までお願いします。

写真は、江山が明治41年12月に伊予稲荷神社に奉納した、江山焼・山姥金時

2018年1月25日

株式会社まちづくり郡中内の、住民等で組織するまちづくり団体、郡中まち元気推進協議会の移住へ取組みが、1月25日(木)の愛媛新聞で紹介されました。8面の「地域を創る 四国を拓く」という特集コーナーでの紹介です。

平成27年度以後は、政府の地方創生施策が浸透しはじめ、全国の多くの自治体が移住事業に取組んでいますが、郡中まち元気推進協議会が本格的に移住促進事業に取組んだ平成24年度の頃はそれほどメジャーではありません。大都市圏で開催される移住・交流フェァへの出展ブースは、現在では順番待ちの場合もありますが、その頃は十分ゆとりがありました。その当時は、移住・交流フェァ出展者はほとんどが自治体で、郡中のように民間団体の出展は珍しく、自治体関係者から郡中の出展のいわれをよく聞かれています。移住先といえば、農林水産業などの第1次産業が盛んな地域が一般的でしたが、田舎でもない、都会でもない、「まち暮らし」という、新しい移住のスタイルを当初から提案し、この3年間で、大都市圏などから10人の方々が郡中へ移住されています。また、郡中まち元気推進協議会は民間団体の良さを発揮して、移住された方々の意思を確認しながら、地域になじめるよう、さまざまなきめの細かいサポートを実施しています。

移住をお考えの方は、気候温暖で、暮らしに必要な機能がまちの中心部に集中して立地する、歩いて暮らせるまち、郡中への移住を是非ご検討ください。

移住のお問合せ・ご相談は株式会社まちづくり郡中タウンマネージャー谷本照美(電話089-946-724)までお願いします。

下記の愛媛新聞の記事をご覧ください。

郡中まち元気推進協議会の移住への取組み.pdf

写真は、愛媛新聞社の取材のようす

2018年1月22日

1月20日(土)、湯の山文庫「和田茂樹氏たちが遺したかったもの展」のオープニングセレモニーに、郡中200年祭実行委員会関係者5名で参加させていただきました。その際、主催者の小椋氏から、和田茂樹氏の遺品のこん包に使用されたと思われる、郡中を掲載した古い新聞をいただきました。膨大な遺品の中からこの新聞をよく見つけられたものと、改めて小椋氏の緻密な仕訳ぶりが想像されますと共に、郡中に関心を持っていただき大変有難いことと感謝しています。 帰宅後、早速その新聞を読みますと、愛媛新報、昭和9年9月23日の夕刊で、「溌剌新興の意気に燃えて」「港 郡中は躍進!産業都市へ」の見出しに、郡中港や郡中の産業などの活況ぶりが紹介されいます。郡中港から製品を出荷していた、伊予陶器(株)や、花鰹3社の繁栄ぶり等の記事が見られます。また、芸妓置屋組合が小さく紹介されており、組合員数は7名、芸妓は20名とあります。花柳界の様子などは、郷土史の資料には見当たらず、よりリアルに往時の風俗などが想像できます。

新聞が発行された昭和9年は、和田茂樹氏23才の時で、この新聞は、和田氏宅から小椋氏を経て、郡中へ引き継がれました。84年前のこの新聞は、郡中の往時を知ることができる貴重な資料として、4月には郡中まち元気サロン来良夢(こらむ)での展示を予定しています。和田茂樹氏、そして小椋浩介氏にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

下記は、昭和9年9月23日発行 愛媛新報夕刊3面です。

昭和9年9月23日愛媛新報夕刊.pdf

写真は、湯の山文庫・和田茂樹氏たちが遺したかったもの展 のようす

2018年1月20日

1月20日(土)、湯の山文庫「和田茂樹氏たちが遺したかったもの展」のオープニングセレモニーに、郡中200年祭実行委員会関係者5名で参加させていただきました。広いフロアーに、膨大な書籍や歴史史料が美しくレイアウトされています。それぞれの展示品は、文学的にも歴史的にも価値のあるものだと思われ、よく故和田氏は収集されたものと驚きます。お聞きしますと、故和田氏の遺品は、4トントラック10台分あったそうです。それを仕訳し、湯の山文庫「和田茂樹氏たちが遺したかったもの展」の開催まで進められた小椋氏はじめ関係の方々の熱意に敬服します。これらの書籍や歴史史料を後世につなぐ活動は、松山という都市の品格をも高めるものと思われ、多くの方々が小椋氏たちの活動に参画され、この活動が更に発展されることを願っています。 この日、ご一緒に参加された4人の皆さんにお聞きしますと、「良いものを見せていただいた」と、それぞれに感銘をうけられた「和田茂樹氏たちが遺したかったもの展」だったようです。 

写真は、会場のようす

 

 

2018年1月18日

小椋浩介氏との交流は、郡中二百年祭の資料などの収集に追われていた平成28年3月21日に、灘町の旧家宮内幹男氏宅で、お目にかかった時からはじまります。小椋氏は、この日は、宮内家に伝わる文書の解読を依頼され立ち寄られたそうです。宮内幹男氏から「文書を解読してくださる方が自宅に来ておられるから同席しないか」とのお誘いをうけ、急遽、宮内氏宅に出向き、同席させていただきました。小椋氏に郡中二百年祭の企画をお話ししましたところ、「郡中に生まれた文化といえば、郡中十錦と江山焼で、これを取り上げたら」とのご提案をいただきました。小椋氏との出会いがなければ、郡中二百年祭で郡中十錦と江山焼を紹介することはなかったと思われ、不思議なご縁を感じます。まさか焼物の分野まで調査が拡がるとは予想もしていませんでしたが、以後、古美術ギャラリー小椋、小椋氏宅を再三訪問し、郡中十錦と江山焼などを学びながら調査を進めています。

小椋氏には、郡中二百年祭のオープニング事業「新春! 郡中お宝鑑定会」のプロデュースと鑑定士をしていただき、その後も郡中の町の歩みの調査にご協力をいただくなか、今日に至っています。

その小椋氏が主催され、1月20日~31日(10時~17時)まで奥道後 壱湯の守 別館で「和田茂樹氏たちが遺したかったもの展」が開催されます。和田茂樹氏は国文学者で愛媛大学教授や子規記念博物館の初代館長を務められた方だそうです。和田茂樹氏の蔵書や、子規、漱石、高浜虚子、山頭火などの肉筆、道後温泉、三津浜などの歴史資料などが展示されるそうです。今回の和田茂樹氏たちが遺したかったもの展は、小椋氏が日ごろよく口にされる、「本物、良いものをつなぐ」活動の一環ではないかと想像しています。近代文学や歴史に関心のある方にはオススメです。なお、入場無料だそうです。お問合せは、古美術gallery小椋(☎090-3788-0394)まで。

1月20日には、郡中200祭実行委員会関係者3名で観覧させていただく予定です。

このページをUPした翌日、1月19日の愛媛新聞3面に故和田氏蔵書公開の記事が掲載されていました。記事を下記にUPしてみましたのでご覧ください。

愛媛新聞記事 和田氏蔵書公開.pdf 

 

2018年1月14日

3月25日(日)10時から伊予市商店街地区と五色姫海浜公園で、第30回~女性の祭典~五色姫復活祭が開催されます。祭りの主役を務めていただく五色姫と稚児行列、女性みこしかきくらべ、女性のど自慢大会、着物でぶらり等の参加者を募集しています。  ご応募をお待ちしています。

応募要領は下記のチラシをご覧ください。

第30回五色姫等募集チラシ.pdf

五色姫募集チラシの裏面 郡中いっぷく亭他 チラシ.pdf

お問合せ、お申込み先 伊予市商業協同組合  伊予市米湊827-4 ☎089-946-7245

写真は、昨年の五色姫復活祭稚児行列のようす

2018年1月12日

郡中の魅力を特集したチラシを1月20日に旧伊予市内新聞各紙に折込を予定しています。

郡中二百年祭に関わっていただいた方々と近年郡中まちなかへ移住された方の内、今回は8人の方に郡中の魅力をお聞きし、コメントを紹介しています。コメントからは、郡中のさまざまな魅力が垣間見えます。 

また、郡中の魅力の一つは、「がんばる小さなお店」の存在とおもわれます。今回は、その中から4店舗を紹介しました。大型量販店とコンビニエンスストアーや各種のチエーン店だけではなく、各地各様に「がんばる小さなお店」が存続することが大切で、小さなお店の質と量が地域の個性や豊かさにつながるように思います。

さて、あなたにとっての「郡中の魅力」は・・・

 お問合せは、伊予市商業協同組合 ☎089-946-7245までお願いします。

詳しくは下記のチラシをご覧になってください。 

郡中の魅力 チラシ.pdf

写真は、昨年6月の土曜夜市で、子供さんたちが郡中の歴史に関するクイズを作成し、子供さんを対象にして開催したクイズラリー、「郡中二百年祭記念 発見!郡中200年history」のようす

 

 

 

 

 

 

2018年1月 3日

新年明けましておめでとうございます。寒さにも負けず今年も伊予市100円商店街を開催します。引き続きよろしくお願いします。

1月13日(土)午前10時~午後2時30分 伊予市商店街地区で第19 回伊予市100円商店街が開催されます。

参加34店舗が工夫を凝らした100円商品を販売します!  さあ~ みんなさん お気に入りの掘出し物をさがしましょう!

300円のお買物をして3千円の商品券が当る「お買物ラリー抽選会」(1000本限り空くじなし) などのお楽しみイベントもあります! 

お誘い合わせて アット おどろく おもしろ百縁笑店街 へお越しください!

詳しくは、第19回伊予市100円商店街チラシは下記をクリック!

第19回伊予市100円商店街予告 (表面)いっぷく亭他(裏面).pdf

第19回伊予市100円商店街チラシ .pdf

 

主催:伊予市商業協同組合  共催:伊予市ふれあい土曜夜市会  いよしみなみ地域振興会

お問合せ先:伊予市商業協同組合 ℡089-946-7245

写真は前回、第18回伊予市100円商店街抽選会のようす

2018年1月 2日

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

1月10日(水)、新春恒例の五色濱神社の灘町十日戎が開催されます。新しい年の来福を祈願しお誘い合わせてお参りされてはいかがでしょう・・。

 この祭りは、黒船来航の7年後に当たる1860(万延元)年に、灘町の法昌寺境内にあった住吉社もしくは、灘町の天神社にあった恵比寿社ではじまりますが創始地を特定する記録は残っていません。法昌寺は、灘町を開発した宮内清兵衛の子、宮内六郎右衛門通安によって、1680(延宝8)年に建立されています。天神社は1709(宝永6)年に、灘町中により建立されています。両寺社の建立の由来と、万延元年から明治42年までの50年間、祭りを継承し続けるには相当数の世話人さんが必要と思われ、これらから、灘町十日戎は、天神社にあった恵比寿社ではじまった可能性が高いと思われます。

 万延元年は、萬安港(ばんあんこう、現在の伊予内港)が完成して25年が経過し、港による交易で郡中の町は飛躍的に発展を続けた時代です。町の繁栄と商売繁盛を願って十日戎祭をはじめたのでしょう。祭りの創始者は、灘町で代々薬種商を営む小谷屋(おだにや)6代目当主七衛という人でした。この頃の小谷屋は本業の薬種商を営む傍ら、七衛の叔父、小谷屋友九郎が中国の十錦を模して制作した郡中十錦(ぐんちゅうじっきん)の販売も行っていたようです。小谷屋友九郎は、郡中に生まれた文化、磁器の華ともいえる郡中十錦を、小谷屋七衛は、新春の祭事、灘町十日戎をこの地に残します。郡中十錦は友九郎の一代窯で終わりましたが、数は少なくなったものの、その作品は残されています。1909(明治42)年4月、住吉神社と天神社を合祀し五色濱神社と改称しています。十日戎は、合祀の翌年、明治43年からは五色濱神社の世話人さん達により連綿と継承され、今年は、創始以来159年目の灘町十日戎の開催になります。このように、祭りがはじまった時代背景や、創始した人、そしてこれをつないできた多くの人達に思いをはせながらお参りできるのも地域に根付いた伝統的な祭事の良さともいえます。

なお、小谷屋が津田姓を名乗ったのは1870(明治3)年以後と思われ、津田七衛の名前は、明治6年の十錦手塩皿の箱書き、1894(明治27)年の彩浜館(さいひんかん)建設出資者、同年、郡中巷衢創業原誌碑(ぐんちゅうこうくそうぎょうげんしひ)寄付者に見られます。1920(大正9)年には、五色濱神社前に「十日戎 津田七衛 開祖」の碑が建立され、碑の側面には万延元年庚申正月十日開〇と刻まれています。

十錦焼手塩皿と津田七衛の箱書.pdf

えひめリビング新聞社編集による松山百点2018年1月新春号に、「愛媛の十日えびす」が掲載され、五色濱神社の灘町十日戎も写真で紹介されていました。新春らしい表紙と記事をUPしてみました。ご覧ください(下記をクリック!)。

松山百点 愛媛の十日えびす.pdf

 写真は、昨年の五色濱神社の灘町十日戎のようす

                                  平成30年1月2日 伊予市商業協同組合