ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホームお知らせ > 元 伊予ショップガイドの活用方法を検討しましょう
2013年8月20日
元 伊予ショップガイドの活用方法を検討しましょう

元 伊予ショップガイドの建物は明治44年(今から102年前)に伊予農業銀行郡中支店として竣工された擬洋風建築物です。 その後いろいろな銀行の所有を経て昭和38年から協同組合伊予ショップガイドが所有し事務所として使われてきました。平成25年からは個人が所有し現在は「空店舗」になっています。

所有されている方にお願いし、郡中まち元気推進協議会の皆さんと地元の商業者の皆さん 合計10名で屋内を見学させていただきました。その感想を記載してみます。  建物外部は改修されています。室内は、建築当初は二階までの吹き抜け構造になっていましたが一階部分に天井が貼られています。これ以外には大きな改築はされておらず一階室内は昔の銀行の風情が感じられます。建物の敷地面積は30坪弱ではないかと思われます。建物本体の奥に平屋建ての小さな建物がありますが往時は行員さんの宿直室として使用されていたのではないかと思います。

伊予市の郡中地区 灘町・湊町には江戸時代後期~昭和初期に建築された「町家」などが残っていましたが近年、商業の衰退や建物の老朽化などで次々と取り壊されてきました。 この建物は郡中のまちの歴史を今に伝える数少ない建築物の一つであり、大きな改築などをしないで現在の形を活かした活用方法の検討をすすめています。

ご意見をお寄せください。

写真は 元伊予ショップガイドの外観 です