ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホーム > お知らせ
お知らせ
2020年8月 9日

「俳人蓼邨」は、仲田蓼村の子孫の方により、昭和44年に毛筆手書きで、親族の方やお世話になった方を対象に17部発刊されています。この冊子は巻上・巻下あわせて約260頁で、仲田蓼村の俳人としての足跡や生い立ち・人となりが要領よくまとめられています。「俳人蓼邨」は、俳諧の研究者の間では知られた冊子だったようですが、一般の方にはほとんど知られておらず、また、毛筆崩し字は解読しづらいものでした。7月6日から、NPO法人GCM庚申庵倶楽部理事長、松山東雲女子大学名誉教授 松井忍氏を講師にお迎えして始まった「仲田蓼村を学びあう会」は、この冊子の一文字一文字を読み解きながら進んでおり、去る8月3日(月)で4回目が終了しました。毎回、10数名の方が参加されています。学びあう会は1ケ月3・4回程度の開催で、今年中には巻上・下の解読が終了できればと思っています。

一方、内子町の芳我明彦氏にお願い申し上げ、仲田蓼村の天保11年日記と弘化4年日記の解読をすすめていただいており、間もなく終了予定とのご連絡をいただいています。日記というタイトルですが、内容は備忘録やメモ帳のようになっています。「俳人蓼邨」と「天保11年日記・弘化4年日記」の解読が終了しましたら活字化して公開し、俳人仲田蓼村の足跡と江戸時代末期の郡中まちなかの商家の暮らしや世相などの一端を紹介できたらと考えています。実現すれば、両解読書ともに、初の公開になります。天保時代の備忘録が、180年後の2020年に読まれるとは、蓼村さんも驚いておられるかもしれません。

下記は、「俳人蓼邨」の郡中方面の門人の資料です。  

俳人蓼村 郡中地方の門人.pdf

写真は仲田蓼村を学びあう会のようす

投稿者:郡中まち元気推進協議会

 

 

2020年7月29日

8月8日(土)午前10時~午後2時 伊予市商店街地区で第29回伊予市100円商店街が開催されます。

参加34店舗が工夫を凝らした100円商品を販売します!  さあ~ みんなさん お気に入りの掘出し物をさがしましょう!

「1万円で1万1千円の商業協同組合の商品券が買える商品券謝恩セール」や

300円のお買物をして3千円の商品券が当る「お買物ラリー抽選会」(1000本限り空くじなし) などのお楽しみイベントもあります! 

お誘い合わせて アット おどろく おもしろ百縁笑店街 へお越しください!

詳しくは下記をクリック

第29回伊予市100円商店街チラシ.pdf

写真は、3月に開催された第28回伊予市100円商店街のようす

2020年7月 7日

 新型コロナの関係で再延期されていた見出し会は、講師のNPO法人GCM庚申庵倶楽部理事長、松山東雲女子大学名誉教授 松井忍氏をお迎えして、7月6日、スタートすることができました。郡中まち元気推進協議会に関わる30才代から70才代の10数名の方が参加され、俳諧の歴史と筆書き文字の読み解きなどを学びあいました。この勉強会は、毎月4回程度開催し、約1年間を要する見込みです。

 江戸時代後期、萬安港の築造により町は飛躍的に発展を続けます。繁栄する町に、仲田蓼村の俳諧、陶惟貞(すえいてい)の教育、小谷屋友九郎の郡中十錦が広まり郡中町人文化を形成していきました。この勉強会をとおして、蓼村の功績とその時代背景なども学び合い多くの方にお伝えできたらと思っています。

仲田蓼村を学びあう会ポスター.pdf

写真は7月6日の学びあう会のようす

主催  ㈱まちづくり郡中内 郡中まち元気推進協議会

2020年7月 5日

 天保6(1835)年、萬安港(ばんあんこう)が築造され、郡中のまちは飛躍的に発展を続けます。活気がみなぎっていたであろう郡中の町に、仲田蓼村(なかたりょうそん)の俳諧、陶惟貞(すえいてい)の教育、小谷屋友九郎(おだにやともくろう)の郡中十錦(ぐんちゅうじっきん)が広まり、郡中町人文化を形成していきました。萬安港世代のこの三人の人たちの足跡や功績の概要は現代にも伝えられています。しかし、時代の変遷に伴い、その細部については不詳の部分も多いようです。

 郡中十錦においても、小谷屋の出身地、薬種商の創業時期、郡中十錦の制作開始年、釉薬の調合方法、趣味の延長線上での制作なのか、それとも商品として流通させある程度量産されたのか、小谷屋と友九郎が津田姓を名乗りはじめた時期や経緯等々は、判然としていません。

 郡中十錦の制作年代が残る最も古いものは天保14(1843)年とされているそうです。しかし、郡中の商家には郡中十錦太碗5客が伝わっており、その箱蓋の裏面には、「天保8年9月」と記載されています。ただ、この箱書きの信ぴょう性については判然とはしていません。この箱蓋裏の記載が本物でしたら、郡中十錦の制作年代の最古は天保8年になります。また、友九郎は天保の初期頃から趣味で楽焼の制作を始めたそうです。これらを踏まえて、郡中十錦の制作開始年は、幅を持たせて「天保後期頃」とししています。

 ともあれ、一代窯で終了した郡中十錦は、郡中まちなか385年史をかざる磁器の名品と言えましょう。

郡中十錦.pdf

写真は、郡中の商家に伝わる郡中十錦太碗5客

2020年6月29日

 昔の事で恐縮ですが、今から約120年前頃の話です。

 明治期の郡中方面近代化事業の中で最大の事業は、伊予汽船会社による鉄船蒸気船第5肱川丸と伊予丸の建造、鹿児島~東京の航路開設だったと思われます。しかし、伊予汽船会社と関連会社であった伊予商業銀行について、破たんに至る経緯などは「伊予汽船会社は、不況の影響を被ったうえ、経営上の問題も多く、重役と株主間にも意見の衝突を起こし、更に船舶の破損も重なって、ついに明治34年解散した。伊予商業銀行の解散は、伊予汽船会社の解散に伴うもの。」とされています。しかし、両会社の所在地や破たんに至る詳細などについては今一つ判然としていません。

 個人の方から寄贈された、明治36年測図5万分の1地形図の「郡中町役場」の位置に疑問を感じ、調べてみますと、豊川渉「思出之記」に、明治36年に3回移転した郡中町役場について記載があります。2回目の役場が地形図に記載されている模様で、灘町の表通りではなく東裏通りに面して伊予商業銀行が所在していたようです。

 なお、両会社の社長を務めた宮内直吉の名前は、明治初期に、当時の住吉神社(現在の五色浜神社)へ奉納された玉垣数本に見られます。

上記の概要について下記をクリック!

郡中拡大地形図2.pdf

お問い合わせ先 伊予市商業協同組合事務局 安田 ℡089-946-7245

写真は、五色浜神社の宮内直吉奉納の玉垣(玉垣改修工事以前)

2020年6月15日

2020年6月14日(日)13時30分から郡中まち元気サロン来良夢で、ふれあい土曜夜市関係者限定ライブが開催されました。参加された15人の内、11人の人たちは、はじめての「よしだよしこ」だったようですが、それぞれに印象深いひと時を過ごされた模様です。

ともあれ、気分転換を図りながら、新型コロナに負けず元気に過ごしたいものです。

 ライブ開催の経緯とよしだよしこ氏の経歴などは下記をクリック!

よしだよしこ来良夢ライブ改.pdf

写真は、来良夢での よしだよしこ氏 

主催 伊予市ふれあい土曜夜市会  後援 株式会社まちづくり郡中

2020年4月24日

まちづくり運動の提唱  『郡中まちなか385年史 をかざるゆかりの場所に、案内板を!』

QRコード付きの2番目の案内板「豊川渉(わたる)生誕の地」が、発達支援ルーム ティンカーベル の敷地内に設置されました。案内板設置の用地をご提供いただきました、発達支援ルーム ティンカーベルさん、誠にありがとうございました。

案内板の設置によって、市民のみなさんや、郡中に係る多くのみなさんとご一緒に、「民力で築いてきたという特異な歴史を持つまち郡中まちなか」の歩みを学びあうことができればと思います。また、QRコードの内容は、まちづくり郡中「町家」のホームページ 「郡中まち歩き」のコーナーでも見ることができます。

写真は、灘町 上行寺(じょうぎょうじ)の北側にある「豊川渉生誕の地」の案内板

㈱まちづくり郡中、伊予市商業協同組合


 

2020年4月10日

まちづくり運動の提唱    『郡中まちなか385年史 をかざるゆかりの場所に、案内板を!』

 旧伊予市ほかは、江戸時代前期の1635年、お替地により松山藩領から大洲藩領に変わりました。灘町、湊町、三島町は大洲藩領になってから開発された町で、本年で替地後385周年になります。灘町、湊町には郡中まちなか385年史をかざる、ゆかりの場所が各所に所在していますが、それを伝える痕跡さえも見当たらないところがたくさんあります。まちを歩けば随所に案内板があり、「民力で築いてきたという特異な歴史を持つ町 郡中まちなか」の歩みに触れることができる・・・そんなまちの出現を目指して活動を始めています。

伊予市商業協同組合の花パーキングのフェンスには、灘屋六郎右衛門家の所在地などを記した第1号のQRコード付き案内板が設置されています。4月1日、灘町上行寺の北側に開設された「発達支援ルーム ティンカーベル」は、「豊川渉生誕の地」の案内板の設置を快く承諾してくださり、4月末日までには設置が完了しそうです。スマホで案内板のQRコードを読み込むと、豊川渉と坂本龍馬や伊藤博文などのエピソードも見られます。「郡中まちなか385年史をかざるゆかりの場所に、案内板を!」の2番目の設置になります。

しかし、この活動には、郡中まちなか385年史をかざる、ゆかりの場所の土地所有者の協力が不可欠で、協力が得られず頓挫してしまう場合も散見されています。社会を牽引するはずの大企業や金融機関は、自社のフェンスやブロック塀への案内板の設置には応じることなく、中小や零細な事業所などは地域を支え共に歩む、いつの間にかそんないびつな社会になってしまったようです。これらの大企業や金融機関などの企業体質が向上し、地域社会の一員として正常な役割が果たせる、そんな時代の到来が待たれます。

写真は、花パーキングのフェンスに設置されたQRコード付き案内板

株式会社まちづくり郡中、伊予市商業協同組合

2020年4月 2日

松山市味酒町に所在する庚申庵は、俳人栗田樗堂(くりたちょどう)が1800年に建設した草庵だそうです。仲田蓼村(なかたりょうそん)の勉強会の講師をしていただく松井忍氏が理事長を務めるNPO法人が、庚申庵の管理運営を行っているそうです。そんなつながりで、仲田蓼村の勉強会に参加予定の方々を庚申庵にお連れし、今日4月2日で、この春、三度目の訪問になります。優れた俳人の足跡を遺しつなごうと、松山市やNPOのみなさんの熱意が感じられます。同行された方々は桜吹雪の美しさもお気に入りのようすでした。 

写真は庚申庵の桜

伊予郡中の俳人 仲田蓼村を学びあう会 事務局

2020年3月 1日

新型コロナウィルス感染防止のため、令和2年3月22日()開催予定の~女性の祭典~五色姫復活祭は中止といたしましたのでお知らせ申し上げます。

従いまして~女性の祭典~五色姫復活祭に係るすべてのイベント・行事は中止とさせていただきました。

第32回~女性の祭典~五色姫復活祭は、次年、令和3年3月28日()に開催を予定しています。

今後とも、~女性の祭典~五色姫復活祭の開催ならびに五色姫普及事業にご協力くださいますようお願い申し上げます。

令和2年3月1日   五色姫復活祭実行委員会