ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホーム > お知らせ
お知らせ
2020年1月13日

3月22日(日)、五色姫海浜公園と伊予市商店街を舞台に、第32回~女性の祭典~五色姫復活祭が華やかに開催されます。

五色姫、稚児行列、女性みこしかきくらべ、女性のど自慢大会、着物でぶらりの参加者を募集しています! 

ふるってご応募ください!

★五色姫等応募チラシ2 32回.pdf

五色姫募集チラシ裏面 郡中いっぷく亭他 チラシ 2020年1月.pdf

お問い合わせ・お申込み先 伊予市商業協同組合(㈱まちづくり郡中内 ℡089-946-7245)までお願いします。

写真は第31回~女性の祭典~五色姫復活祭稚児行列のようす

2020年1月 4日

1月11日(土)午前10時~午後2時30分 伊予市商店街地区で第27回伊予市100円商店街が開催されます。

参加34店舗が工夫を凝らした100円商品を販売します!  さあ~ みんなさん お気に入りの掘出し物をさがしましょう!

300円のお買物をして3千円の商品券が当る「お買物ラリー抽選会」(1000本限り空くじなし) などのお楽しみイベントもあります! 

お誘い合わせて アット おどろく おもしろ百縁笑店街 へお越しください!

第27回伊予市100円商店チラシは下記をクリック!

★第27回伊予市100円商店街チラシ .pdf

第27回伊予市100円商店街予告 (表面)いっぷく亭他(裏面).pdf

写真は第26回伊予市100円商店街のようす

2019年12月23日

株式会社まちづくり郡中からのお知せです。

2017年に開催した郡中二百年祭の時にも実行委員の方から提言があった郡中まちなかの歴史説明板などの設置を、順次進めていきたいと思っています。説明板の設置には地権者の方のご協力が不可欠になります。本格的な説明板からラミネート加工した用紙の貼付まで、可能な方法で実施できたらと思っています。

十二月中旬、商店街のつるや呉服店さん(伊予市灘町135-1 ℡089-982-0408)の北側壁面にラミネート加工の説明用紙を貼付させていただきました。これは、株式会社まちづくり郡中の最初の歴史説明板になります。町を歩かれる時にはご覧になってください。 

 より多くの方が、民力で築いてきたという郡中三町(ぐんちゅうさんちょう)の特異な歴史にふれ、その価値に気づき合うところから「郡中まちなか観光」は始まるのかもしれません。

 歴史説明内容は下記をクリック 

灘町の開発と奥行き60間の特異性.pdf

宮内治三郎生誕の地.pdf

写真はつるや呉服店さんの北側壁面の歴史説明板

2019年12月 5日

伊予市商店街で、「福引券付 歳末大売出し」が始まります‼

お買物ご利用は、「福引券付 歳末大売出し」参加店がお得です!

【福引券付歳末大売出し期間】  12月1日(日)~12月30日(月)

【福引抽選会の景品】 空くじなし  

【福引抽選会場】   郡中いっぷく亭(灘町25番地) ☎(089)982-0038

【福引抽選期間】   12月24日(火)~12月31日(火)午前10時~午後6時

【主催】 伊予市商業協同組合(㈱まちづくり郡中内) ☎(089)946-7245

詳しくはチラシをご覧ください2019.12.1歳末チラシ表.pdf  2019.12.1歳末裏.pdf

2019年11月20日

「郡中まちなか通信(すでにある価値に気付き幸福度をあげる)」は、郡中の魅力を訪ねる特別寄稿の記事を掲載するなど、一般的な広告チラシとは一味違った内容になっています。

「郡中まちなか通信2号」 12月3日、旧伊予市内新聞各紙にチラシ折込みを予定しています。チラシは手づくり交流市場町家や、郡中いっぷく亭などでも無料でもらえます。

2号の内容は、郡中まち元気推進協議会内 郡中だし楽の会 実行委員長 小出貴司氏の特別寄稿「郡中の魅力 郡中だし文化を広める」と、がんばる小さな商店「郡中まちなかのはんこやさん 大上印判店」と「郡中で唯一の呉服屋さん つるや呉服店」、「nijiRock抽象画の世界」などの紹介、それに伊予地区俳諧の巨星 仲田蓼村(りょうそん)その2 になっています。

関心のある方は下記をクリックしてください!

★郡中まちなか通信2号1.pdf

 写真は10月に開催された郡中だし楽の会主催「家庭のだし と だし料理を学びあう会」のようす

2019年11月11日

11月9日(土)10:30~14:30 第13回郡中いっぷく亭まつりが開催されました。天候にも恵まれ、盛況のうちに無事終了することができました。

振り返りますと、郡中いっぷく亭は平成18年9月1日に開設され、皆さまのご協力のおかげで14年目に入っています。水口純子さんをはじめ郡中いっぷく亭運営委員のみなさんの13年間がこの日のおまつりに重なり感慨ひとしおの1日でした。

これからも、「街の交流施設 郡中いっぷく亭」を盛り上げていきたいですね。

写真は、郡中いっぷく亭の歌&おどり

2019年11月 2日

【開催日時】 令和元年11月9日(土) 午前10時30分~午後2時30分頃

【開催場所】 郡中いっぷく亭と伊予市商店街地区

【開催内容】 いっぷく亭の手づくり手芸品販売やコーヒー(お菓子付き)販売、いっぷく亭の歌&おどり発表会、   オカリナ演奏、バザー、 もち・花の苗のプレゼント(各先着100人)、スタンプラリー(先着100人)など 多彩な催しがあります。 お誘い合わせの上、ぜひ、お越しください。

【問い合わせ先】 郡中いっぷく亭運営委員 レディスファッション ミナクチ 水口純子(℡089-982-1860)

         伊予市商業協同組合(℡089-946-7245)

              ※詳しくは下記のチラシをクリックしてください

第13回郡中いっぷく亭 チラシ表面 .pdf

第13回郡中いっぷく亭まつり チラシ裏面 .pdf

★第13回郡中いっぷく亭まつり協賛セール チラシ.pdf

写真は第12回郡中いっぷく亭まつりのようす

2019年10月30日

大正6年・7年・8年、郡中港の近隣、郡中村米湊で、岡部仁左衛門氏、城戸豊吉氏、明関友市氏は削り節業を創業し、互いに競い合い国内屈指の産地へと発展しました。

ここのところ、削り節の産地ならではの「郡中だし文化」を広めようと、さまざまな活動が始まっています。相原海産物店さんの郡中まちゼミでの削り節のだしの講座や、郡中だし楽の会による「ふれあい夜市でのだし試飲体験」、7月のマルトモさんによる「花かつおのだしを学ぶ会」、10月23日、水口さん、一色さん、北川さんによる「家庭のだしとだし料理を学ぶ会」をとおして、削り節などのだしを学びあっています。そこで、改めて削り節業の概要を振り返ってみました。 下記をクリックしてご覧ください! 珍しいラベルや写真も収録しています!

削り節業 ヤマニ花鰹節出荷ラベル 他1 .pdf

写真は、今も現役で活躍している昭和39年に製作された名越式鰹削機械 (相原海産物店工場)

2019年10月25日

江戸時代後期、萬安港(ばんあんこう)世代の人たちによって郡中町人文化が形成されていきます。萬安港の築造に着手した文化9(1812)年に、後に、伊予地区俳諧の巨星といわれた仲田蓼村(りょうそん)は18才、生涯に2千人の子弟を教授した陶惟貞(すえいてい)は13才、磁器の華・郡中十錦を創作した小谷屋友九郎は12才を迎えています。この3人の人たちは、活気がみなぎっていたであろう 郡中の町の雰囲気に影響されながらその才能を開花させていきます。寛永12(1635)年の替地以降、初めての本格的な町人文化が郡中に形成されていきます。これは、萬安港の交易により多くの郡中の人たちがある程度ゆたかになった証とも言えます。 この秋、郡中まち元気サロン来良夢(こらむ)の奥の和室・桜の間で、仲田蓼村直筆の俳諧や江戸時代末期のころの仲田家の日記などを小規模ですが展示しています。展示会場は、名付けて「俳人・仲田蓼村の部屋」。なお観覧は無料です。

写真は「俳人・仲田蓼村の部屋」のようす

 

2019年10月24日
  • 10月27日(日)9時~11時30分頃、郡中まちなか観光体験ツアー第2日目が開催されます。がんばる小さな商店は、相原海産物店工場で削り節の製造工程を見学、湊町地区の江戸・明治・大正・昭和建設の伝統的な町家などを見学、その後は「伊予港周回の小さな旅」になっています。この日の最終訪問地は伊予港赤灯台で、全行程は約4㎞くらいです。今のところ20数名の方が参加予定になっています。

当日は昭和9年の地図他を参考にしながら歩いていただく予定です。当日の資料は下記をクリック!

昭和9年郡中町勢一覧1 A3.pdf


写真は伊予内港入口