ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホーム > お知らせ
お知らせ
2021年4月16日

今治市の古刹、法華寺ご住職より「仲田蓼村の史料を保管している」旨ご連絡をいただきました。過日、松井忍先生とご一緒に法華寺を訪問し、史料の写真撮影と調査をさせていただきました。調査結果は、まとまり次第発表させていただきます。

写真は法華寺本堂(写真右)と庫裡(写真左)

寄稿:伊予郡中の俳人 仲田蓼村を学びあう会

2021年4月12日

新型コロナ感染防止のため、郡中いっぷく亭趣味の教室は、4月12日(月)からしばらくの間休止いたします。

投稿:郡中いっぷく亭事務局

2021年4月 5日

平成2年4月1日、風早歴史文化研究会発行「風早 第23号」、竹田覚氏寄稿「松尾神社俳額」の項に同俳額の選者が仲田蓼村であった事と、俳額には蓼村の句「澄空や峯に一本薄紅葉 蓼村」も記されていたということ知った。旧北条市在住の方によると、今ではこの俳額は確認できないという。

約50年前、仲田蓼村の曾孫仲田肇氏は蓼村の足跡を調査研究し、親族に向けて毛筆手書きで「俳人蓼村」を作成した。また星加宗一氏は仲田肇氏の依頼を受け「伊予郡中の俳人 仲田蓼村とその作品」を著作した。仲田蓼村関係の主な資料はこの2冊であったが、松尾神社の俳額については、両冊子共に記述はない。令和3年3月28日、愛媛新聞に仲田蓼村の記事が掲載された。記事を見た旧北条市の方から「風早 第23号の松尾神社俳額」についてご連絡をいただいた。竹田氏の調査研究により俳額の内容が判明し、「風早」に発表されてから31年後の令和3年4月に本会もこれを知ることができた。

ご連絡いただいた方に厚くお礼を申し上げます。

「風早 第23号 松尾神社俳額」は下記をクリック

松尾神社俳額1.pdf 松尾神社俳額2.pdf 松尾神社俳額3.pdf

写真は、風早 第23号 「松尾神社俳額」に掲載されている松尾神社の写真

寄稿:仲田蓼村を学びあう会事務局

2021年3月28日

雨模様のため、五色姫復活祭の出発式と祝いもちプレゼントは、彩浜館で開催されます。

出発式開催日時:3月28日(日)12時頃

祝いもちプレゼント開催時間:同日12時30分頃(この時間よりもお早めにお越しください)

開催会場:彩浜館

なお、五色姫パレードは現時点では開催を予定していますが、12時45分頃~12時55分頃、雨模様の場合は中止になります。

ねがい石プレゼント、がんばる小さな商店と仲田蓼村関係冊子プレゼント、祝いもち景品交換、俳句・川柳の投句は開催されます。

お問合せ先:伊予市商業協同組合 ℡089-946-7245

写真は第31回五色姫復活祭出発式のようす

2021年3月23日

3月28日(日)、第32回~女性の祭典~五色姫復活祭が開催されます。新型コロナ感染症対策のため開催内容を大幅に縮小して開催されます。

なお、当日雨模様の時は、出発式・祝いもちプレゼントは彩浜館で開催。天候によって、五色姫パレード・ねがい石プレゼントは中止になる場合もあります。当日は、当HPお知らせ欄にパレードとねがい石プレゼントの開催中止を掲載しますのでご覧ください。

五色姫復活祭の内容は下記をご覧ください!

第32回-五色姫-復活祭o.pdf

第32回-五色姫-復活祭u.pdf

写真は平成31年3月、第31回五色姫復活祭出発式の様子

2021年3月15日

コロナ禍により、商店の売上と地域の来街者数は減少傾向になっています。

このような状況下、商店と地域を再認識していただこうと、伊予市商業協同組合から『がんばる商店と郡中まち歩き』が発刊されました。A5版、64頁の小冊子で、伊予市商業協同組合加盟店の商業情報と郡中まちなかの地域情報などが掲載されています。なお、冊子には地図は掲載されていません。現地を歩いて目的の商店やおすすめポイントなどをお訪ねください。

当冊子は、冊子掲載の加盟店で無料でいただけます。各店数量限定ですのでお早めにお越しください。

なお、3月28日、五色姫復活祭でももらえます。下記をクリック!

がんばる商店等プレゼント ポスター.pdf

写真は、『がんばる商店 と 郡中まち歩き』の表紙と裏表紙

2021年3月 9日

この度、『郡中灘町 辻屋  仲田 天保十一年・弘化四年 日記』が発刊されました。タイトルは日記となっていますが、その内容は、毎日の記録ではなく、郡中灘町の商家、辻屋・仲田和助家(俳号蓼村)にとって大切な事柄を書き留めた備忘録です。発刊冊子は、両日記の初めての全文解読書で監修は、内子町文化財保護審議委員芳我明彦氏によります。A4版・280頁で辻屋の正月の準備品、経済活動、差上銀、家財、寺社への寄進、味噌、漬物他の原材料名と分量などが記載されています。また、仲田蓼村と共に郡中町人文化を形成した、教育者・陶 惟偵(すえ いてい)、郡中十錦を創始した小谷屋友九郎の名前も見られます。江戸時代後期の庶民の歴史研究の資料としてご活用ください。

当冊子をご希望の方はお1人様1冊限りでプレゼントします。下記をご覧ください。

仲田蓼村関係冊子 プレゼント.pdf

写真は、仲田蓼村史料と磁器の華・郡中十錦

寄稿:伊予郡中の俳人 仲田蓼村を学びあう会

2021年3月 6日

3月5日、郡中まち元気サロン来良夢(こらむ)で「伊予郡中の俳人 仲田蓼村」、「仲田 天保十一年・弘化四年日記」の発刊と、「仲田 天保十一年・弘化四年日記のレシピでカステラ他を再現」の発表会が開催されました。江戸時代後期、郡中灘町の商家、仲田和助家(俳号仲田蓼村)の備忘録に記載されているレシピをもとに、伊予農業高等学校食品化学科の皆さんによりカステ他が再現されました。再現には相当のご苦労があった模様で、カステラは現代のものよりやや甘めですが大変美味しくいただきました。

仲田蓼村没後164年の2021年に、仲田家レシピのカステラ他が再現されるとは・・・蓼村さんもビックリしておられると思います。伊予農業高等学校食品化学科の皆さん、カステラ他の再現と試食、ありがとうございました。

カステラ他再現の様子などは下記をクリック!

伊予農高 仲田蓼村レシピ再現プロジェクト1,2.pdf

写真は伊予農業高等学校食品化学科の生徒さんによる発表の様子

寄稿:伊予郡中の俳人 仲田蓼村を学びあう会

2021年2月21日

伊予市商業協同組合では、コロナ対策として、1月と3月の伊予市100円商店街並びに3月の郡中ひなかざりを中止にしました。組合加盟店の売上も減少し、各種イベントの中止により町の賑わいも失われようとしています。そこで、商店と地域の魅力を再認識していただこうと見出し小冊子を作成中デス!

冊子は、A5版、全64頁で、3月中旬頃に発行の予定です。65店舗の商店などの情報と郡中まちなかの地域情報が掲載されています。がんばる小さな商店をご利用していただき、あわせて健康増進も兼ねて、郡中まち歩きを楽しんでいただけたら・・と思います。3月28日(日)の五色姫復活祭当日には、郡中いっぷく亭で「がんばる小さな商店 と 郡中まち歩き」「五色姫伝説」の2冊1組を100名様にプレゼントします! お楽しみにお越しください!   

下記をクリックしてください!

がんばる商店等プレゼント ポスター.pdf

 行政や大企業の歴史記録は残っていますが、一般商店の記録はほとんど目にしません。この冊子は、コロナ禍1年後の伊予市商業協同組合加盟店の名称や所在地が分かります。数10年後には、まちの歴史記録になるかもしれません。 

写真は、見出し冊子の表紙の一部

2021年2月20日

過日、㈱まちづくり郡中へ、個人の方から見出し図と郡中十錦茶碗1客が寄贈されました。谷上山の木版図を見て、安政七(1860)年三月、大洲藩十二代藩主が御巡領(領地視察のこと)の際、「三月十三日 谷上山御出」 の背景が分かりました。境内図には宝殊寺建立の歴史が書かれており、延宝四(1676)年、大洲藩三代藩主は谷上山宝殊寺の第四建立を行っていました。御巡領の十六才の大洲藩公は、先祖が造営した大洲藩祈願所谷上山宝殊寺へ参拝したものでした。

明治28年刷の谷上山境内図は、郡中まち元気サロン来良夢に展示してあります。ご覧になってください。