ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
お知らせ
ホーム > お知らせ
2017年11月 7日

お年寄りに優しいまちづくりをすすめて伊予市の中心市街地を活性化させたい。いっぷく亭の活動を多くの方に知ってもらいたい そして、いっぷく亭の活動にも参加していただけたら・・・、そんな思いで第10回いっぷく亭まつりを開催させていただきます。

開催日時  平成29年11月11日(土)午前10時30分~午後2時30分頃

開催場所  郡中いっぷく亭と伊予市商店街地区

開催内容  いっぷく亭の手づくり手芸品やお菓子つきコーヒーの販売、いっぷく亭の歌&おどり 発表会、いっぷく亭まつりバザー、スタンプラリーなど盛り沢山な企画を準備してお迎えします。

主催(お問合せ先) 郡中いっぷく亭 伊予市商業協同組合(☎089-946-7245)

当日はお誘い合わせて、いっぷく亭まつりへお越し下さい!

詳しくは、下記のチラシをクリック!

.第11回郡中いっぷく亭 チラシ表面 .pdf 第11回郡中いっぷく亭まつり チラシ裏面 .pdf

写真は、第10回郡中いっぷく亭まつりのようす

 

2017年10月18日

【 その後の郡中二百年祭 】

かつては郡中三町と呼ばれ繁栄した灘町、湊町、三島町。往時の町の足跡をたどれるかもしれないと考へ、伊予稲荷神社宝物館の展示品を調べてみました。奉納者と奉納品をみますと、灘町・小谷屋友九郎の郡中十錦の名品、灘町もしくは、伊予地区俳諧の巨星 灘町・仲田蓼村等灘町有志の方が奉納した絵馬、尾崎出身の伊藤五松斎作の錦手大型神酒瓶、湊町・槇江山の江山焼、宮内治三郎の子悠四郎が奉納した脇差、寿楽座の2代目経営者吉澤治三郎や豊川 渉の名前などなど、郡中二百年祭

伊予稲荷神社宝物館の展示品.pdf・・・更新しています

★伊予稲荷神社 豊作祭礼風俗図5.pdf

写真は、伊藤五松斎作の錦手大形神酒瓶

 

2017年10月 3日

10月14日(土)午前10時~午後2時30分 伊予市商店街地区で第18 回伊予市100円商店街が開催されます。

参加35店舗が工夫を凝らした100円商品を販売します!  さあ~ みんなさん お気に入りの掘出し物をさがしましょう!

300円のお買物をして3千円の商品券が当る「お買物ラリー抽選会」(1000本限り空くじなし) などのお楽しみイベントもあります! 

お誘い合わせて アット おどろく おもしろ百縁笑店街 へお越しください!

第18回伊予市100円商店街予告版、郡中いっぷく亭、小さな商店紹介チラシは下記をクリック!

第18回伊予市100円商店街予告 (表面)いっぷく亭他(裏面).pdf

詳しくは、第18回伊予市100円商店街チラシをクリック

★第18回伊予市100円商店街チラシ .pdf 

主催:伊予市商業協同組合  共催:伊予市ふれあい土曜夜市会  いよしみなみ地域振興会

お問合せ先:伊予市商業協同組合 ℡089-946-7245

写真は前回、第17回伊予市100円商店街のようす

2017年9月29日

この絵馬には、幕末期の郡中のまちのようすや風俗が描かれています。

1. 作者は不明。

2. 絵馬の奉納者は「奈田町」で、実在しない町の名称が記載されています。

作者、奉納者共に不明の謎の多い絵馬です。

史料に乏しく確証はありませんが、絵馬の奉納者候補を推測してみました。

興味のある方は下記をクリック!

★稲荷神社 豊作祭礼風俗図3.pdf

写真は豊作祭礼風俗図・・・絵馬の右端部分に、絵馬の説明文と蓼村の句が書かれていたとされています。

 

 

2017年9月22日

写真は、文久元(1861)年11月、奈田町より伊予稲荷神社へ奉納された絵馬です。大きさは、300cm×92cm。絵馬の名称は、愛媛新聞社発行「伊予の絵馬」では豊作祭礼風俗図とされ、伊予稲荷神社の説明文では豊年踊図とされています。奉納者の奈田町は灘町のことだそうですが、何故奈田町と表記したかは今のところ分かっていません。

今では、絵馬の文字は判読できませんが絵馬の右端には、

「近年続く豊作をよろこび、老若皆おどり、それを絵にして宝前に奉る(意訳)

 世のよきにつれて沢山稲すずめ  蓼邨」

と書かれているそうです。

蓼邨は江戸後期の伊予地域の俳諧の巨星といわれた仲田蓼村のことで、寛政6(1794)年灘町の辻屋に生まれ、文久3年に亡くなっています。奈田町から奉納にされたこの絵馬に蓼村が深く関わっていたことがうかがえます。 また、絵馬の句は蓼村晩年の句になります。

絵馬は、経年劣化がすすみ一部判然とはしませんが、芸人、おたたさん、相撲取り、武家、芸者、町人などさまざまななりわいの人たちが描かれています。ひときわ大きく描かれている人物は、この絵馬の作者かもしれません。描かれている人数は130人を超え、往時の灘町の風俗を知ることができる絵馬です。1861年といえば、萬安港が完成して26年後に当たり、郡中のまちが飛躍的に発展を続けた時代でした。小谷屋友九郎による郡中十錦の制作、蓼村らによる俳諧が流行・普及するなど郡中町人文化が華やいだ時代です。7年後には明治元年を迎えます。

この絵馬は稲荷神社宝物館に保管されています。正月三賀日、初午さん、土用干の日には、同宝物館は有料で拝観でき、伊予市指定文化財7点をはじめ数々の美術工芸品を見ることができるそうです。その他の拝観についても都合がつけば対応されるそうです。

 

 

2017年9月14日

えひめ国体ビーチバレーボール大会が9月15日・16日・17日に五色姫海浜公園で開催されます。会場近くには、郡中町開町250年を記念して、明治27年に建立された郡中まちづくりの碑(郡中巷衢創業原誌碑・ぐんちゅうこうく創業原誌碑)があります。郡中のまちづくりの歩みを記し、先人の功績を称えている郡中の歴史のシンボルの一つです。9月14日、郡中まちなかの商業者等6人の皆さんのご協力により、まちづくり碑の草取りをしました。45Lのゴミ袋14個の雑草でしたが、添付写真のようにきれいに仕上がり、全国各地から大会に参加される方々への私たちの歓迎メッセージになりました。選手の皆さんは、培われた実力を存分に発揮されご活躍されることをねがっています。お時間のある方は、伊予市郡中訪問の思い出に、伊藤博文公の書を写した神額がある五色浜神社へご参拝され、あわせて郡中まちづくりの碑へもお立ち寄りください。

下記は、明治42年3月26日、伊藤博文公が彩浜館楼上で書いた五色濵神社の社号

★伊藤博文公 五色浜神社書.pdf

お問合せ先  郡中200年祭実行委員会(㈱まちづくり郡中内 ☎089-946-7245)

 

2017年8月28日

2017年は、郡中という地名が誕生して200周年の節目の年に当たります。これを記念して様々な行事を開催してまいりました。いよいよ、郡中二百年祭のフィナーレを飾る「郡中まちなか映画会」が9月9日(土)午後5時30分から伊予鉄郡中港駅とJR伊予市駅から徒歩1分のところにある、「手づくり交流市場町家」の中庭で開催されます。 おさそいあわせてお越しください。

午後5時30分からミニライブと飲食で楽しむ「夜の町家」。 ミニライブ出演:ホ―リー サン、うえの&しげまつ、山内こうた 他、。ミニライブは午後6時55分頃に終演します。 飲食コーナー:ラーメン、カレー、たこ焼き、かき氷、からあげ、ドーナツ、ブルーベリージュース、お茶、生ビール、缶酎ハイ、ラムネ、ジュース 他いろいろ

 午後6時55分頃~午後7時30分頃まで郡中二百年祭セレモニー。内容は、  4月2日に彩浜館で開催された郡中二百年祭記念式典のDVDの一部などの紹介、郡中200年年祭実行委員長片岡直人と同委員会アドバイザー愛媛大学社会連携推進機構教授前田眞氏のあいさつとコメントなど。 

午後7時30分~午後9時20分頃までは、尾形イッセー主演の「先生と迷い猫」の上映。大人700円(前売600円)、小人500円(前売400円)。

「校長職を定年退職し、妻に先立たれて一人暮らしをする森衣恭一。堅物で偏屈なことから近所でも浮いた存在で、訪ねてくるのは亡き妻がかわいがっていた野良猫のミイだけ。追い払おうとする森衣をよそに、ミイは毎日妻の仏壇の前に座っていた。そんなある日、ミイが姿を見せなくなり、気になって探し始めた始めた森衣は、同じようにミイを探す人々がいることを知り、その交流のなかで「いなくなってからでは伝えられない気持ち」に気付く。、「60歳のラブレター」「神様のカルテ」の深川栄洋監督がメガホンをとり、染谷将太、北乃きい、岸本加世子らが共演。」

駐車場は、町家第1・第2駐車場または伊予市役所駐車場をご利用ください。

なお、雨天の場合、会場は伊予市湊町のさざ波館に変更になります。

主催・お問合せ先 株式会社まちづくり郡中内 郡中2000年祭実行委員会(☎946-7245)

郡中まちなか映画会.pdf

2017年8月24日

郡中まち元気サロン来良夢(こらむ)は、おかげさまで開設3周年を迎えることができました。

3周年を記念して、8月27日(日)午後5時頃から午後9時ころまで、愛媛信用金庫郡中支店駐車場と郡中まち元気サロン来良夢で「祝 来良夢開設3周年 郡中まちなかバザー&ライブ」が開催されます。お誘い合わせてお越しください。  

駐車場は広場通り駐車場の共同部分をご利用ください。

郡中まちなかバザー:午後5時頃~午後7時15分頃、会場はあいしん駐車場、生ビール中カップ400円、おでん2品150円、ラムネ1本100円・・・

ジャンベ演奏(ニック マユンガ):午後6時45分頃からあいしん駐車場で

来良夢ライブ(兵頭満と灘町ロマンチカ):午後7時30分開演~午後9時頃 (休憩時間を含む) 会場は来良夢

主催  郡中まち元気推進協議会 (町家内 ☎946-7245)

 

写真は、来良夢で開催された「こども新聞記者」のようす

2017年8月10日

おさそいあわせてお立ち寄りください!   駐車場は、広場通り駐車場の共同部分をご利用ください。

開催日  平成29年8月16日(水)~20日(日)

      午前9時~午後7時

会 場  郡中まち元気サロン 来良夢(こらむ)

 展示内容 

郡中フォトコンテスト入賞作品、郡中200年タペストリー、郡中名誉町民、

郡中に生まれた文化 郡中十錦江山焼、

郡中の昔の写真、明治後期頃の商店のチラシ引札、郡中のお宝募集結果、

伊予かすりの着物、江戸時代後期の俳諧の巨星 仲田蓼村の遺品、他 

   観覧料  無料

 芳名録に記帳された方に

「動画が見えるしおり1セット」 プレゼント!

郡中二百年祭展ポスター.pdf

下記は、「展示品 浄瑠璃幕と国婦肩掛け袋」の補足説明です

★郡中地方の浄瑠璃と国防婦人会の麻袋_compressed.pdf

写真は郡中二百年祭展のようす

2017年8月10日

来良夢(こらむ)開設3周年記念

武智忠広写真展 & 記念講演 のご案内

 明治44年、伊予農業銀行郡中支店として建設された建物を活用して開設された「郡中まち元気サロン 来良夢」も、おかげさまで3周年を迎えることができました。開設3周年を記念して、国内外のプロ写真家コンテストで数々の受賞に輝く、武智忠広氏の写真展と記念講演を予定させていただきました。 つきましては、お誘い合わせてお立ち寄りくださいますようご案内申し上げます。 なお、駐車場は広場通り駐車場の共同部分をご利用下さい。

 写真展  8月10日(木)~12日(土)9時~19時  作品101点を展示しています

  記念講演  8月10日(木) 19時~

   演題   1枚の写真から  

   講師 愛媛県営業写真家協会 会長

       ㈲たけちスタジオ  武智忠広氏

観覧・参加費無料です

主催 郡中まち元気推進協議会(㈱まちづくり郡中 内 ☎946-7245)

写真は、武智忠広写真展のようす