ホーム いっぷく亭 店舗情報 まち情報 まちの生い立ち・五色姫物語 組合概要
コラム 郡中まちなか人
ホームまち情報コミュニティ豊かなまち > コラム 郡中まちなか人
まち情報
コラム 郡中まちなか人
 
コラム郡中まちなか人 散歩の途中、通りすがりの店の看板犬にあいさつをする
郡中はそんな、暮らしを実現させてくれるまちです
 

郡中まちなか在住 澤岡 竜治さん

大阪出身、仕事の関係で愛媛に来られて18年、約1年前にはお母さんも愛媛にお呼びになって、 郡中のまちなか暮らしをエンジョイされている澤岡竜治さんに日々の暮らしの中で見つけたいいことをお聞きしてみました。

Q.
仕事で愛媛に来られて最初は郡中にお住まいではなかったんですよね?

A. はい。10年前に愛媛に来た時は私一人で別の所に住んでいました。昨年、 母がこちらに来るのをきっかけに母の暮らしにもあった地域で私も気に入るところを!という思いで探しはじめて見つけたのが郡中でした。

 

Q.
お母さまの暮らしに合ったというのは具体的にどのようなところを探していたのですか?

A. 私の母は高齢で、外出時には押し車を利用しています。 そこで、気候が穏やかで、お休みの日には母と一緒に散歩ができたらいいなぁとか、 私自身も車に乗りませんので公共交通機関が充実しているとか、いくつかの条件があって、 松山市内も含めいろいろ探してまわったのですが、その中でも郡中は私たちの希望に一番合った場所だったと思います。

 

Q.
具体的には郡中のまちなかでどのような時間を過ごされていますか?

A. 週末には母と一緒に町家に行って地元の新鮮な魚や野菜を見て、買って、 食べてとまさしく季節を肌で感じることのできる生活をエンジョイしています。 町家へ行く途中の道すがら、看板犬として飼われている犬に挨拶したりして、元々地元の人には、 なかなかわからないかもしれませんが、郡中のまちなかは雑然とした風景の中に人の姿が必ずあって、 外から来たものにすると見ているだけでおもしろいなぁ、と思うこともしばしばです。

 

Q.
地元の人と交流する機会もありますか?

A. ここは春の「ひな祭り」や夏の「夜市」など商店街を中心にしたイベントやお祭りがたくさんあります。 そんなところにも昔ながらの暮らしを大切にしている地域の人たちの気持ちが伝わってきますが、 そんなお祭りやイベントに参加させてもらう中で、商店の人とお話をしたりして、地元の人と知り合うよい機会になっています。 イベントの時には地域の内外から大勢の人がいらっしゃっていますので、あの活気を普段の街の中にも取り込めるといいですね。

 

Q.
これからずっと暮らしていく街・郡中が今後どのようになったらいいと思いますか?

A. 外からもたくさんの人に来て欲しいと思う一方、地域の人たちももっと交流するといいと思います。 よくメディアに取り上げられた瞬間だけ、人が大勢集まって街の雰囲気や地元の人の暮らしを壊してしまうようなことがありますが、 メディアの力に流されないよう、そこに住む人がわが町の良さを知っておく必要があると思います。 そのためには、町の中に残る古い家を維持していく仕組みを地域の人たちで考えていくなど、 新しいコミュニティの輪を広げていくようなそんな取り組みもできたらおもしろいかもしれません。